スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファフナーのBD発売記念イベントに行きました!

 23日に、劇場版ファフナーのBD発売記念上映会に行ってまいりました。名古屋の回です。
全カットリテイクしたBDVer.を劇場のスクリーンで上映し、上映後に石井真さんのトークがあるというものでした。
 劇場版を見るのはこれで3回目でした。
何回見ても、芹ちゃんが戦闘中にフェストゥムがなんて言っているかわかったと泣くシーンで涙が零れます。
あと、一騎と総士が再会するシーンも泣きます。
好きなシーンは、咲良と真矢の戦闘中のコンビネーションです。
TVシリーズでは最初のほう仲良くなさそうだったので、この二人が協力してると本当にうれしいです。
咲良いい姉御。
カノンもかっこいいです。ストレートな髪が似合っています。
 ファフナーの作品で好きなところは、子を戦場に送り出さなければならない親の気持ちをリアルに描いているところです。
(実際それがリアルなのかは経験していないのでわからないですが)
 それと、戦闘シーンでパイロットが傷つくときに、本当に痛そうに描写しているのが良いです。
見てるこっちがつらいです。
死ぬのって怖い、生きたいと思わせてくれます。
 いいアニメーション作品なので、たくさんの人に見てもらいたいです。
ただ、用語が難しいので、TVシリーズから入らないと理解が追い付かないところもあるかと思います。キャラも多いし。
TVシリーズは前半がちょっとのんびりしてるので、だるいかもしれませんが、後半から脚本が冲方さんに変わって良くなるので、それまで頑張ってみてください。
劇場版に単語として出てくる「L計画」とは、TVスペシャルの「RIGHT OF LEFT」での作戦のことなので、それも見るとなお内容がわかると思います。
「RIGHT OF LEFT」の時間軸はTVシリーズの1年前なので、「RIGHT OF LEFT」から入るのもいいと思います。

 で、トークショーのことですが!
ゲストはまこつのみとのことでしたが、いつものイベントのように、キングの中西Pさんも司会で一緒に来てくれました!
もう本当にUST配信でイベントの様子見てても、中西Pさんのファフナー愛は恐ろしいほどすごい。
劇場が小さ目だったので、5月?だったかの新宿でのイベントよりまこつが近くに見えてよかったです。
 BGMは一騎のキャラソンから始まったので、会場内そこかしこからクスクスと笑いが・・・。
作品の感想でまこつは、溝口さんが最後に人類軍に対して「同じ人間がここにいるんだぞ」って言うシーンが良いって言ってた気がします。
 最初に、総士役の喜安さんからロンドン(笑)からのメッセージビデオが映されました。
喜安さんが一騎に、「Happy Birthday to You」を歌っていました。一騎の名前を言うときだけ総士で、あとは喜安さんでした!
ビデオで「名古屋のみなさん」と言っていたので、会場ごとにビデオメッセージの内容違うのかもしれません。
まこつに対して、いい意味でも悪い意味でも一騎に似てきたと言っていました。
あと、まこつに無茶振りをしていて、なんだったか忘れたんですけど、歌えみたいなことを言ってた気がします。
それで、某ラジオとかで歌ってたようなラップ未満のラップ調の歌?をちょこっと歌っていました。これが噂の・・・!!と思いました。
 で、一騎の誕生日記念イベントなので、出てきたケーキ!
堂島ロールのお店のケーキをスタッフに買ってきてもらったと言っていたので、たぶんモンシュシュのケーキです。
中西さんが切って、まこつが食べていました!おいしいと言っていました!
このあと大阪のイベントもあったのですけど、そこでもケーキを食べたのでしょうか。どうだったんでしょうね。
ケーキに立っていたローソクは6本でした。ファンの誰かが16歳だからと言っていました。まこつはTVシリーズから6年たったってことかもと行っていました。
ケーキ食べた後に、イベントグッズの誕生日カードに書かれていた真壁紅音さんからのメッセージが中西さんにより読まれました。
「命は皆城乙姫の祝福だ。痛みは皆城総士の祝福だ。お前は世界からどう祝福されたい?」とかいう劇中のセリフをもじったもので、まこつは大変困って「衣食住」と言ってました!確かに重要ですね。
中西さんは「美和ちゃんとお話ししたい」と言っていました。さらに世界が狭い!
ていうか、産んでくれた人からの誕生日メッセージがこれってどうなんだww
 もうあと、あんまり覚えていないんですけど、いつものサイン入りイベントグッズのプレゼントコーナーと、告知で終了。
告知は、舞台のことは言っていましたが、続編のことは何にも言っていませんでした。
BD封入のイベント応募はがきの告知のときに、そのイベントが東京、大阪だけで名古屋がないことについて、観客に突っ込まれていて、中西さんがフェストゥムに「あなたはそこにいますか」と言われたのと同じくらい動揺したと言っていました。
私も、できたらまたイベント行きたいなぁ。はがき出しておきます。
 こんな感じでした!なんというまとまりのない文章!
スポンサーサイト

近況

おひさしぶりです!最近の近況とか。


 5/14(土)
 ファフナーの劇場版の舞台挨拶を見てきました。
石井さんと喜安さんとキングの中西さんが来てくださいました。
12月からやってる映画なのに、また舞台挨拶をしてくださるなんてありがたいことです。
まこつマジ癒し系で好きです。初めてまこつを眼で見ることができてよかったです。
中西さんがまこつのことを「まこっちゃん」と呼んでるのがいいですよね。
中西さんが、まこつと喜安さんにポスターの一騎と総士のポーズをさせようとしていて、まこつが否定の方向に持っていこうとしていたのがおもしろかったです。
それと、まこつが好きなフェストゥムの色と形は紅音さんで、喜安さんはエウロス型だそうですよ。
 舞台挨拶の後に映画を見ました。
映画を見るのは2回目で、話の内容もやっとしっかり理解できました。
命の大切さや痛みがわかる、ファフナーって本当にいい作品です。
映画が終わった後に拍手が沸き起こったときはしみじみしました。
買わないと思ってたのに、思い切ってストラップも買ってしまいました;
そして、ラッキーなことに、2月に配られていた来場者特典カードセットをもらうことができました。
もう手に入らないと思ってたので、本当によかったです。
 7月の蒼穹作戦も気になります!
宿題になってる、「なぜ操は犬が嫌いなのか」の答えも知りたいです。


 5/15(日)
 中華街に行ってきました。
大好きなお菓子の月餅を買ってこれてよかったです。
修学旅行以来の中華街でしたが、おぼろげな記憶の中にある懐かしい中華街の姿もあれば、新しく感じる中華街の姿もありました。
当時買ったストラップと似たような形のストラップが今もあってびっくりです。買いはしませんでしたが。


 5/21(土)
 銀座に行ってみました。


 5/22(日)
 山手西洋館を一通り回りました。洋館見るの好きです。
3時半ころから雨が降ってきたのが少し残念でしたが・・・。
外国人墓地も行けてよかったです!

わぁー!!

20060701224802
 あー…。
あー…。
アニメスタッフのサイン色紙が当たりました。
アニメーションREの懸賞です。

 家に帰ると母が教えてくれたのですが、母は「何が当たったの?開けていい?開けていい?」と言って私が鞄とか下ろしているときに母が袋を開けました。(このやろー(笑)
私よりもはしゃぐ母。
 ちなみにそのときの私は、アニメーションREの当選と知って、確かファフナーのサイン色紙(羽原監督と演出の鈴木さんとメカデザの鷲尾さん)を希望してはがきを出したことを思いだしました。
そして、絵柄は鷲尾さんの乙姫ちゃんか羽原監督の僚くんか、それとも犬か、と考えていました。
そしたら、犬でした。
犬っていうか、僚の飼い犬のプクで、ROLの最後に飼い主が死んだコクピットのところで静かにお亡くなりになったあの犬ですが。
描いたのは鈴木さん?(それとも羽原監督?)
とにもかくにも嬉しいことです。
 でも、こういう懸賞のサインだと、書いている本人は誰に当たるか、誰に向けてサインしてるのかっていうのをはっきり分からずにサインしているのだよなあと思います。
それって書く側ももらう側も、ちょっぴり不本意な気がしたりしてみなかったり。

 ところで、一緒に封筒に入っていた紙によるとアニメーションREは3号をもって休刊するそうです。
3号に4号の予告が載っていますが製作されないそうです。
個人的には制作側にスポットが当てられていて好きだったのですが残念です。
普通のアニメ誌よりもさらにマニアックな点をついている雑誌だったので買う人が少なかったのかもしれません。
それを読んだ母は吹き出して言う、「懸賞のはがき出した人、少なかったんじゃない?(だから当たった)」。
そうかもね。
でもいいよ、当たったんだから。

 さて、懸賞で賞品を希望するときは、当選確率が低くても、自分が一番ほしい賞品を希望するのが私のモットーです。
理由の一つは自分がほしい賞品が当たったほうが嬉しいからです。
当選確率が低ければ低いほど当たったときの喜びが大きいと思うし。
また、一つには、その賞品を本当にほしいと思っている人に当たってほしいからです。
もし、あまり欲しくもない賞品が当たった場合に、本当に欲しいと思っていた人に申し訳ない気がしてしまうからです。
あとは、出さなければ当たらないからです。
どうせ当たらないと思ってそれを希望しなかったら当たらないし、希望してみればもしかしたら当たるかもしれないし、ということです。
 で、毎月はがき出しているのですがこれがなかなか当たらないのですね。(そりゃそうだ。)
当たるコツってあるみたいだけどそれで本当に当たるのかな?

RIGHT OF LEFTサントラ

20060312185707
 サントラを買いました。
メモリアルブックのほうで斉藤さんが、ROLの音楽はテレビシリーズとは違って全てシーンに合わせて作ったものだとおっしゃっていましたが、なるほど、ブックレットに使われたシーンの絵と曲の解説がついてました。
未発表曲って作ったけど使われなかったってことなのかな。
ああ、どの曲も大音量でエンドレスで聞きたいです。

 最後の総士の語りはいらなかったかなと思うのですが。

 今度のangelaの『果て無きモノローグ』がすごく楽しみです。
本当に羽原監督の葬式のときに『果て無きモノローグ』はかかるのか!?(笑)
おそらく私は休み中に『蒼穹のファフナーRIGHT OF LEFT』をもう一度見ることでしょう。
DVDスペシャル版欲しいなあ。
でも1万円なんてだせないよ。

蒼穹のファフナー メモリアルブック


 帯のところで平井さんを強調してしまうのは仕方のないことなのかな…。
あっ、ちょっと帯に隠れて分かりにくいけれど、今回の表紙は総士が一騎よりも前にいる、とっても珍しいイラストですよ。
裏表紙は僚と祐未です。
裏表紙とはおもえないほどでかでかと…。

 今回のメモリアルブックは(比べてはいけないのかもしれませんが、)ビジュアルブックよりよかったです。
というか、ビジュアルブックが値段高かったなあと。

 竜宮島の移動経路が載っていたのが非常に良かったです。
版権イラストはビジュアルブックには載っていなかったイラストも載っていたのでよかったです。
ニュータイプ2005年2月号の鷲尾さんのイラストが好きなので、ビジュアルブックに載っていなかったときはがっくりでしたが、今回載っていてよかったです。
そういえば、鷲尾さんは16日発売のアニメーションREで取材受けてるみたいなので気になります。
PUSH!のイラストは載ってませんでした。

 スタッフ&キャストのインタビューでは「フェストゥムに「あなたはそこにいますか…」と聞かれたらなんと答えますか?」という質問がとっても良かったです。
いろいろな答え方があって楽しかったです。
あと、「竜宮島の島民になったら何をしますか?」っていうのも面白かった。

 えっと、このメモリアルブックを買って思ったことは、今度発売する平井さんの画集いらないんじゃないのかなっていう…。
ああ、でも、カレンダーのイラストが見たい(載せてくれるかな…)ので、たぶん買うでしょうが。

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。