スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ray=out

20050730225727
近所のゲーム屋行ったら本物の『ray=out』を発見してびっくりしました。
っていうかエウレカセブンのフリーペーパーマガジンなんですけどね。
もらってきました。
スポンサーサイト

ミュージックバトン♪

 天津甘栗。さんから、ミュージックバトンが回ってきました。
この間コミックバトンが回ってきて、ミュージックバトンはいつ回ってくるかなー、と思っていたらすぐに回ってきました。
では、答えさせていただきます。

Q1.コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
 入ってません。
パソコンで聞くときはCDをかけて聞いてます。

Q2.今聞いている曲
 『Fafner in the azure - NO WHERE -』作曲:斉藤恒芳
 『Fafner in the azure - NOW HERE -』作曲:斉藤恒芳

ドラマCDの方ではなく、サントラの方です。
とにかくヘビーローテーションしてます。
最近は曲の順番も覚えるくらいになりました。

Q3.最後に買ったCD。
 『Fafner in the azure - NO WHERE -』作曲:斉藤恒芳
 『Fafner in the azure - NOW HERE -』作曲:斉藤恒芳

最後に買ったのでよく聞いてます。
サントラは借りることは、ちょくちょくありましたが、買ったのはこれが初めてです。
買った理由はファフナーのDVDのラジオCMに流れていた曲に惚れたからです。

Q4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲。

 『KOIBUMI』アーティスト:林原めぐみ
林原さんのラジオを聞き始めたころにラジオでかかっていた曲です。
なので、ラジオでこの曲がかかると、深夜ラジオを聞き始めた頃のドキドキ感が思い出されます。
あの頃はTokyo Boogie Nightでの「おやすみ、バイバイ。」が色っぽかったんですよー!
聞いちゃいけないラジオだと思ってました。
この曲はラジオの雑音が交じってるのを聞くのが好きですね。

 『明日へのbrilliant road』アーティスト:angela
angelaさんの曲は他にも『how many?』とか『Shangri-La』とか『小さな歴史の詩』とか好きなのですが、この曲は私がangelaさんを初めて知った曲なので外せません。
かっこいい曲ですよ。
ちなみに私が『宇宙のステルヴィア』を見始めたきっかけはこの曲をラジオで聞いたからです。
歌詞の中で好きな部分は「夢を描くのは人に生まれたから」です。

 『For フルーツバスケット』アーティスト:岡崎律子
「たとえば苦しい今日だとしても いつかあたたかな想い出になる 心ごとすべてなげだせたなら」
岡崎さんがいなくなってしまったときに、この歌詞がとても痛かったです。
そして、涙が出ました。
岡崎さんがいなくなって今、私とても苦しい思いをしてる。なのにそれがいつか暖かな思い出になるっていうの?と問いたかったです。
私がこの歌詞の意味を勘違いしているのかも知れませんが。

 『教えてせんせいさん』アーティスト:Bottle Fairy
かわいいので思い出すとついつい口ずさんでしまいします。
「あ~おしえてせんせ~いさ~ん」の「せ~い」をうまく歌うのがポイントだと勝手に思ってます。
『教えてせんせいさん』を歌われたらcan/gooの『教えてあげる』を歌って返すのが「すたちゃまにあ!?」だと勝手に思ってます。

 『ハッピー☆マテリアル』アーティスト:麻帆良学園中等部2-A
よく聞く、というかすたちゃ提供のラジオを聞いていたら必然的に聞くことになってしまいました。
半年以上くらい毎週聞いてました。
2番の歌詞は毎月変わったので、歌詞は1番までしか覚えていません。
ネギま!の曲では『おしえてほしいぞぉ、師匠』と『スキになってもe-よ』が好きです。

 姉さん、大変です!
選んだ曲が全部すたちゃから発売されたアニソンになってしまいました。

Q5.バトンを渡す5名
例によっていません。
ごめんなさい。

はあ、そうですか。

 ファフナーの前半16話までの総集編DVD(30分)が発売するらしい。
…30分ですか。
でも、前半分だけだしね。
山野辺脚本のところですね。
まだ、買うかどうかわからないです。

 平井久司さんの画集が発売するらしい。
Amazonに書いてある本の題名は『平井久司画集~機動戦士ガンダムSEEDの世界~(仮) ロマンアルバム』となっています。
ファフナーは入らないっぽいですね。
なら要らない。
徳間書店からの出版なのでメージュに情報載るのでしょうか。
しかし、Amazonのイメージ画像、あれ、あの女の子みたいに見えるのは、キラでよろしいのでしょうか。
平井さんはキラに黒い服を着せたいのでしょうか。
平井さんはどうしてそう、キラにベルトを巻きたがるのでしょうか。
あの、首に巻いてあるベルトはなんですか。
以前、とあるラジオで、ヤンキーな男の子はめんどくさくても、鎖をジャラジャラつけてみたり、髪の毛を染めてみたり、香水をちょこっと香らせてみてる、自分ってかっこいい!と思っているらしいというようなことを聞いた覚えがあるのですが、本当ですか?
これはそういう感覚なのですか?
そういえば、以前NTに、SEEDのキャラ設定をする上でキラを含め何人かの服装はゴスロリ調にする案もあった、とかいう記事を読んだ覚えがあります。
その記事を読んだとき思わず吹き出しました。
どうでもいいですが、あの襟の模様が気になります。

 平井さんってだいたい40代くらいかな、と思ってるんですが、どうなんでしょう。

早く描かないと!

 友人さんから暑中見舞いが届いた。
いくらeメールが普及しているといっても、やっぱり暑中見舞いはハガキでなくちゃ。
友人さんは絵がうまい。
センスがいい。
水彩画がきれいな友人さんを私も見習わなくては。
私のほうはまだ下書きも危うい状況で、やばいです。
頑張って、8月に入る前までには完成させたいけど、無理?
駄目だ、無理なんて言っていては。
今年もCGにしよう、そうしよう。

うっかりしすぎ。

 24日日曜日に放送してたトップランナー見忘れた。
今週はCLAMPだったのに。
29日金曜日に再放送やるのでビデオに録画しないと!
もこなさんって着物着て作画してるのかしら。

 あと、BS2で22日に放送してたマンガ夜話の特番も見忘れた。
この間のエヴァも見忘れて後悔した。
大月さんと宮村さんが出てたのに。
今度8月に放送するアニメ夜話のガンダム特番は見たいかも。
富野さん出るの?

ペンタブは買うか否か。

 父にペンタブ買っておくれと泣きついたら、半分お金出してくれると言ってくださった。
 やっぱり買うならIncuos3だよねー、とか思ってホームページ見たら値段が半端なかった。
 じゃあ、FAVOか、FAVOなのか、と思ってホームページ見たら、
「え?マウスとどう違うのかって?
それじゃあ、ペンとマウスでどっちが早いか競争してみない?
写真の切り抜きゲームよ!
ペンVSマウス 違いを実感!
花の輪郭をマウスでなぞってね!
ペンは青色のラインで表示されます」
とか、言われてしまいました。
マウスを使う身としては負けてられるかぁ!!と思って挑戦してみたら、勝ちました。
勝ったのですが、線が速く動かすと線がプツプツ切れてしまうようでしたので、きれいになぞれませんでした。
ふざけんな!ステップの値下げとけ!と思いました。
はあ、しかし、勝ってしまったということは、私にペンタブは必要ないのかしら。
あ、違う、ペンタブだと、それよりもっと早く描けるよってことか。
 ペンタブの一番の魅力は筆圧の変化だと思うのです。
だから欲しい。
あと、ペンタブだったら、力入れて描かなくても済みそうですし。
マウス使っていると、人差し指にどうも力が入ってしまって。
でも、ペンタブに頼らずにマウスだけで描いてるほうがかっこいいとも思います。
ペンタブなしでもここまでできる、みたいな。
ちょっと迷うので、ペンタブ買うのは保留です。
 しかし、FAVOに付属している安そうなどうでもいいソフト、あれ、どうにかならないんでしょうか。
付属のソフトは正直いらないです。
だから、もうちょっと安くしておくれ。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY#40

 今回の感想は箇条書き。
・ミネルバの赤服3人が、エレベーターが混んでいるので階段を下りようと目で合図しているのがかわいかった。
・フェストゥムに同化されたガンダ…あ、間違えた、百式を思わせる金ペカのガンダム「アカツキ」が出てきた。
 あの機体は古くないんだろうか。
 っていうか、遺言の書いてあるところは埃被ってたのに機体には埃被ってなかったんだろうか。
・アスラン、君はいったい何がしたいんだ?
・メイリンは自由に移動できるのに、ネオが拘束されているのはなぜ?
・「焔の扉」が劇中歌で流れた。
 梶浦由記さんの楽曲は好き。
 南里侑香さんの歌声も好き。
・フェイスの権限を最大限に発揮するシンとレイ。
 言い換えると自分勝手に何でも出来る。
 タリア艦長、何とか言ってください。
 奴らはガキです。
・私の弟はなんでルナマリアはフェイスにならないのかと怒っていた。
 いや、別にならなくても良かったと思うよ。
・来週は全然予想できない。
 総集編でないことを望みます。

コミックバトン♪

 天津甘栗。さんからコミックバトンが回ってきました。
おおお、ついに私のところにもコミックバトンが回ってきたのですね。
ははははあ…。
漫画はあんまり読まないので、ちゃんと答えられていないかもしれませんがご了承ください。

『コミックバトンのルールは自分から次の5人(以内)を指名して以下の5つのお題の回答をお願いしていくバトン渡しは強制ではなく、指名を受けても反応しなくてもOK。自分で終わらせても、5人以下の指名でもいい。』

①本棚に入ってる漫画単行本の冊数
 60冊くらいです。
あんまり買いません。
買いたい漫画はリストアップしてあったりするのですが…。

②今面白い漫画
 ないです。
と言ってしまってはさすがに悪いと思うので、
「NHKにようこそ!」原作:滝本竜彦 作画:大岩ケンヂ
が今のところ買ってる漫画ではおもしろいですかね。
読んでいてたまに新鮮に感じることがあります。
でも、まだ3巻買えていません。

③最後に買った漫画
 「蒼穹のファフナー」①原作:XEBEC 作画:現津みかみ
ぎゃー!これか!!最後に買った漫画は!!以来漫画を買ってないってことか!
予想以上にあんまりよくなかったやつですね。
世の中にはいろんな漫画家さんがいるものです。
1巻を買ってしまったら最終巻まで買わないと気が済まない性格なので、続巻は買うつもりですよ。

④よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画
 「シャーマンキング」著者:武井宏之
初めて買った「少年漫画」とかいうジャンルの漫画がこれでした。
この漫画はあらゆる意味で私の原点です。
この漫画がなかったら、私はいまアニメを見てなかったろうし、ラジオも聞いてなかったろうし、angelaさんのことも知らなかったろうし、深夜アニメの存在、ファフナーの存在を知らなかったろうと断言します。
悪い意味ではなく、私は今「趣味」というものを見出せて良かったです、ということです。
しかし、もっともっとさかのぼると、この漫画を紹介してくれた友人さんとの出逢いが全ての原点だったと思います。
「そのとき、あなたがいてくれたから…」(←ファフナーからの引用。ごめんなさい。)
ちなみに本棚を占める漫画の半分がこれです。
(だからあんまり漫画を持ってないのですよ。)
好きなセリフは「そして、どんどんあたしから離れていくのね…」です。

 「仏ゾーン」著者:武井宏之
これも武井先生の作品。
武井先生、今、「あなたはそこにいますか…」
(なんか、今年は海外で仕事をするらしいということを聞いたような聞かなかったような。)
この作品はおもしろかったですよ。
たまに読み返したくなりますね。
さて、ちょっとここで宣伝させてください。
今、私は「仏ゾーン」のドラマCDを3枚すべて持っています。
もし、オフ友で聞きたいという方がこのブログを見ていましたら言ってください。
貸します。
というか、ドラマCDというものは聞くのが3回目くらいになると、自分一人で聞いていても物足りなくなります。
誰かと話題を共有したい、という気持ちに侵されます。
しかし、ドラマCDなんて漫画やアニメは好きでもなかなか買う人は少ないです。
つまり、私はこの作品を話題にちょっとおしゃべりしてみたいのです。
良かったら是非、オフ友さん。

 「夢幻伝説タカマガハラ」著者:立川恵
これはですね、私が初めて買った漫画の単行本です。
日本神話をベースにしたファンタジー作品です。
この作品をきっかけに古事記を読んだことを覚えています。
作者さんは「怪盗セイント・テール」の原作者さんですよ。

 「ぜんまいじかけのティナ」原作:明貴美加 作画:あゆみゆい
私のプロフィールの下のほうに『管理人はぜんまいじかけのティナを応援しています。』とか書いてありますよね。
去年の末にREDチャンネルのコンテンツに「ぜんまいじかけのティナ」というのができました。
しかし、ティナの企画は実は数年前からあったのです。
つまり、これはその当時の漫画原作です。(と言っていいのかどうかよくわかりませんが。)
ぜんまい島の生き物を含め、時計やスリッパにもぜんまいがついているんです。
ぜんまいを定期的に巻かないと体が動かなくなってしまうのです。
ぜんまいを巻いてから寝ないと朝起きられなくなっちゃう!
だから、ぜんまい島の島民は挨拶代わりにぜんまいを巻いてあげるんですよ。
っていう感じのかわいいお話です。
作画もかわいいので、好きです。
あと、私が初めて漫画家さんにサインをもらった作品です。(というかこれが「特別な思い入れ」です。)
ちなみに原作者の明貴さんは「機動戦士ガンダム0083」や「機動戦艦ナデシコ」でメカデザインを「銀河お嬢様伝説ユナ」で原作をした方ですよ。(…って知っているひとは知っているか。)

 5つ挙げられませんでした。
すいません。

⑤バトンを渡す5名
 ええと、申し訳ないのですが私にはネッ友がいないので、バトンが回せません。
せっかく受け取ったバトンなのに、こんなところで止まってしまってすいません。
この止まってしまったバトンは持ち続けていれば良いのですか?
もっとコミュニケーションを取っておけよ、ということですね。
ごめんなさい、私はROM派です。
あと、謝ってばかりですいません。
(誰か、謝ってばかりいることを謝るときのいい言葉を教えてください。)

間に合った。

annaH170722.gif

 アンナちゃん誕生日おめでとう。
ちなみに「ITAKOのANNA」のほうですね。
「仏ゾーン」と「シャーマンキング」のほうは生年月日不詳なので。
なのにシャーマンのほうのイラストですみません。
随分前に色塗ってそのままになっていたやつを引っ張り出してきたものなので。
ごめんなさい。
「ITAKOのANNA」と「仏ゾーン」のほうは『アンナちゃん』と呼ぶのですが、「シャーマンキング」のほうは『アンナさん』と呼んでます。

 あともう一人、「舞-HiME」の鴇羽舞衣ちゃんも7月22日が誕生日なんですよね。
おめでとう、舞衣ちゃん。
 あと「舞-HiME」の尾久崎晶くん(ちゃん?)と「シャーマンキング」の葉くんとハオさんは誕生日がいっしょの5月12日なんですよ。
これ知ったときかなり驚きました。
なぜこんなにもかぶるのか、と。
 ゲーム「舞-HiME 運命の系統樹」やってみたいです。
でも凪とアリッサちゃんが全然違う(涙。
晶くんは出ないのかしら。
 「舞乙HiME」も今秋から放送開始予定ですごく楽しみです。
この『乙』っていう字は「乙姫」の『乙』の意味と、もう一つ「甲、乙、丙、丁、戊、己、…」の数え方の二番目の『乙』の意味も含めていると思います。
シリーズ第2作目ということで。
 今回も「HiME」の略は
 Highly-advanced
 Materialising
 Equipment
なのかしら、どうなのかしら。
(ガンダムみたいにいろいろ変わったらおもしろいなっていう話。)

冲方式ストーリー創作塾を買いました。

 いろいろと本屋をまわってみたのですが、見つからなかったので取り寄せてもらいました。
初版が手に入ってよかったです。

 この本を買った理由は、もちろん「蒼穹のファフナーの書き方」が読みたかったからです(汗。
なので、他の章をすっ飛ばしてとりあえず「蒼穹のファフナーの書き方」を読みました。
小説版のファフナーはこうして書いた、みたいなことがかかれていました。
初めのプロットが全然違っていてびっくりしました。
「こんな蒼穹のファフナーは嫌だ」です。
本当に現在発売中のかたちに収まっていてくれてよかったです。
個人的にはあの小説版は結構あれはあれとして成り上がっている作品であると思うので、続きは求めていません。
続きが出るなら買いますけど。
この本を参考にもう一度小説版の「蒼穹のファフナー」を読んでみようかなと思います。

他の章はまだパラパラとしか見ていません。
でも、結構思い切ったこと書くなあ、という感じはします。
「マルドゥック・スクランブル」や「カオスレギオン」や冲方さんの著作品をこれを機に読んでみようかなと思います。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY#39

 なんじゃありゃ!!あのストライクフリーダムの戦い方は!!!?
というのが、今回の放送を見た一番の感想です。
おもしろかったね~、ハリネズミの刺が抜けたみたいで。(←?)
私の弟もそれはそれは驚いて「ええええっ!?」とまるでアーサー副官のように目を丸くしていましたよ。

 …ここからはまじめに感想を書こうと思います。
今回はシンがほとんど出ませんでしたね。
この出番の少なさは1クールあたりを思い起こさせます。
でも、この主人公の出番の少なさと今までの主人公像とは異なる性格は、この作品の魅力の一つである(というか魅力の一つと化した)と思うので、別に気にしません。

 今回のメインはキラとラクスの再会であったかなと思います。
見てるだけでため息の出る二人の嬉しそうな顔。
二人で手を取り合ってストライクフリーダムのところまで行くのでした。
(二人が抱き合うシーン辺りの作画って平井さんかしらと思ったのですが、EDしっかり見てなかったのでわかりませんでした。)
 一方、アスランとカガリはというと、恋人同士の久しぶりの会話であるはずなのにちっとも楽しそうではありません。
「死にたい」とか言う始末です。
 しかし、ここでアスランとカガリの関係が崩壊しそうかというと、そういうわけではないと思うのです。
キラとラクスの場合も、アスランとカガリの場合も、愛がかたちになるまでに通る道のひとつだと思うのです。
たまには相手のこときちんと考えてみて、自分のこと振り返ってみたっていいじゃないですか。
たまには二人で喜びを分かち合ってみたっていいじゃないですか。
ってこと。
これからはアスランとカガリはもっといい関係になると思いますよ。(なって欲しかったりします。)

 ラクスを助けに行けとキラに言うアスラン。
これは、女の子、特に恋人が一人で戦っているのを見過ごしてはいけない、
言葉では「大丈夫」と言っていても、心は思っているよりももろい、
という恋人を一人にすることがいかに恋人を追い詰めるかということを、カガリと離れていた期間に感じていたから、そういう思いをさせてはいけないと思ってキラに行けと言ったと思ったのです。
しかし、そこでアスランがラクスの姿を思い描いている、というのもよくわからなかったのですが、もっとわからなかったのはそこにミーアの面影が重なっていたことです。
一見するとアスランがラクスにまだ未練(?)を残していたからのように思えるのですが、なんかそれとは違う気がします。
ラクスが死ぬとミーアがこれからもずっと「ラクス・クライン」で居続けなくてはいけないから?(それもなんか違うなあ。)
ミーアに追い掛け回されていたら、ラクスと付き合ってるキラのことが他人事とは思えなくなっていたから?
ミーアに追い掛け回されていたら、本物のラクスに逢わないと気が収まりそうになかったから?(あれ?)
ちょっと解釈できないので保留にします。

 来週はカガリがあの金ぴかのアカツキに乗るんですね。
で、シンにやっつけられそうになるんですね?

はいー!?

 東京に住みたいと思った。
でも、東京って世界で一番生活費が高いらしいね。
聞くところによると某ファフナーオンリーの同人誌即売会の後夜祭に、一騎役の石井さんと、監督の羽原さんと、すたちゃのプロデューサーの中西さんと、XEBECのプロデューサーの能戸さんが出演したらしいっていうのは本当らしい。
しかも、いろいろあったらしい。

そいつぁいったいどういうこった。

能戸さんとか、私の憧れじゃないか!!
いや、違う、同人誌即売会にそんなオフィシャルのお偉いさんって来るもんなの?
行ったことないからわからないのですが。
もうそろそろ行動に表したい。

はあ。

 もうそろそろ暑中見舞い絵描かないといけないですねー。
たぶん、残暑になっちゃっても文字変えるだけですが。
今年は何にしようか迷い中。
種デスではない。

 ファフナーのトレカが出るらしい。
発売日未定。
アニメイト行かないとなさそう、と勝手に思ってます。

 種デスでLOVELESS描きたいなあ、とおぼろげに思う今日この頃。
たまに描いてるサイトさん見かけます。
この間の脱走で、私の中でアスランの耳が取れそうだったのに、キラ様が現れたのでまた微妙に…!
たぶんアスランはサクリファイス〔犠牲〕。
ちなみにキラ様とラクスに耳はない、と思う。
フェイスはみんな耳つき。
(つまり“軍の犬”かどうかってこと。)

 あと、携帯電話からブログ書くとタイトルが途中でちょん切れるのはなぜ?

angelaライブDVD買いました

20050710171500
 ついに買って参りました、angelaライブDVD。
今月中に見たいです。
仕入れの電話はやっぱり、「前日に入荷できることが分かりました。」のあれでした。
いつも前日にもらっていたので勘違いしたようです。

 しかじかの理由で6300円のDVDを3996円払って買いました。
なんとまあ、その店7月24日になくなってしまうのです。
それで、閉店セールのDVD10%引きです。
あと、ポイントスタンプカードにたまっていたポイントと、今回のDVDのポイントを引いて、結果3996円だったというわけです。
買ったとき一緒にいた母、「よかったね。閉店セールじゃ無かったら、安く買えなかったよ?」
よくないですよ。
店なくなってしまうのですよ!?
それじゃ、私にこれからどこでCDを買えと言うのですか。
TSUTAYA!?
確かに、TSUTAYAならオリコンのランキングに貢献できるけれど。
TSUTAYAはポイントカードが機械に通すやつなので嫌です。
私の理解はスタンプカードが限界ギリギリです。
でも、安く買いたいのです、ごめんなさい。

 千円札を4枚出して、手元に帰ってきた4円が寂しい。
最後にもらったレシートに書いてあった決まり文句が切なく響きます。

「毎度お買い上げ
   ありがとうございます
 またの来店をお待ちしております。」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY第4期OP、ED

 今週から第4期OP、EDに変わりましたね。
アスランのオーブ制服姿は似合わないです。
やはり、彼には赤が似合う、MSもそうですし。

 OPの初めのキラとアスランが背中合わせ?になってるカットではアスランは赤服を着ているのに、MSをバックにしているカットではオーブ服だったのがよくわかりませんでした。
カガリの後ろに見える金ピカのMSにうちの弟は大変驚いていました。
ビデオを巻き戻してそのカットだけ繰り返し見ていました。
あと、ドムの3人。
「オレを踏みd(以下省略)」とか言うのですか?
グフのときみたいに。
最後に走っているシンが「ドラえもん(のOP)みたい」と弟が言っていました。
歌がケミストリーさんなのは、別にそういうのもありなんじゃないですか、と思います。

 EDのSee-Sawさんはよかったですね。
「僕」はキラで「君」はアスランですか。
でも、あの最後のカットは…。
最終的にそっちに落ち着くってことなんでしょうね。
あらゆる可能性を考えつつこれからも見ようと思います。
感想は全てを見終わった後でないと言えませんから。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY#38

 キラ「僕たちは何をやっているのだろう。世界は。」
それって、このアニメが何やってるんだろう?ってこと!?
いや、このアニメが今の、現代の世界情勢とかそういうのを踏まえているようなことはわかるのですが、私にはこの言葉が製作者側のつぶやきにしか聞こえませんでした。
先週あたりまでちょっとおもしろくなってきたかな、と思っていたのですが、今週はだいぶげんなりです。

 1週間見ないうちにいったい何があったの?!と思ってしまったシンとルナマリアのキスシーン。
攻めてるのはルナマリアです。
これは、お互い「好き」という気持ちでの「キス」ではなく、お互いを慰めてる感じがします。
このやるせない気持ち、どこにぶつけたらいいかわからなくて、でも君が良いって言うのならそうします、みたいな?(←自分で書いていてよくわかりません。)
ああ、今までこの二人の関係はお姉ちゃんと弟みたいなものだと思っていたのに。
AAにいるメイリンがこれを見たら、「お姉ちゃん。ついこの間まで二人でバカだバカだってののしっていたのに私がいない間に何があったの?いくらエリート好きだからってエリートになったら付き合うってそんなのおかしすぎるよ。アスランさん、私がもらっちゃってもいいの?」とか言いそうですね。(言いません。)
それより、今アスランに一番近い位置にいるのはキラです。

 アスランが目覚めたときに隣にいたのがカガリではなくキラだったのは非常にがっかりしました。
目が覚めたら死んだと思っていた奴がこちらを見ていて、ああ、自分も死んだのだなあと思ったら、自分生きてるし、ってことはこの目の前にいる奴は生きてる?また、いったいどんなミラクルなイリュージョンを仕出かしたんだ!!?はらわたが飛び出そうな思いをしたよ!!
みたいなことをアスランは思っていたと妄想してみます。
キラがちゃんと死なない所為でアスランの傷が増えますよ。
でも、カガリが指輪をはめたほうの手でアスランの髪をなでるシーンは良かったかなと思います。
(今、思ったけれど、このシーンってこの数分前のルナマリアがシンの髪をなでるシーンを踏襲してるのでしょうか?)

 戦闘シーンはキラの「僕たちは何をやっているのだろう。世界は。」という言葉で締めていいと思います。
あまり意味のない戦いに見えました。
ひとつ、ルナマリアの「忘れたの?私も赤なのよ!」はかっこよかったです。
どうでもいいですが、「ニーベルング」とか言われたらファフナーのニーベルングの指輪を思い出してしまいますね。
これは北欧神話からですが。

 来週はエターナルが動きます。

鳴らない、電話。(汗)

 angelaのDVDを予約したのだけれど、CDショップから入荷したという電話が来ない。
いつも発売日前日に電話が来るのだけれど、電話が来ない。
予約したときに店員さんが「前日に入荷できることが分かりました。」って言っていたけれど、もうそれで終わり?
いつも予約したら、電話をいただくのに。
angelaのDVDには全曲歌詞がついたブックレットが付いてくるらしいですね。
音楽系のDVDを買うのは初めてなので、とても驚いてしまったのですが、歌詞付いてるのって普通なのでしょうか。
「stay with me」とか「笑顔でバイバイ」とかはちゃんと最後まで聞いたことないので、歌詞カードが付いているのはありがたいです。
angelaの歌聞いていいると、atsukoさん何て歌っているか分からないときあるので。
(ああ、ごめんなさい。私はangela好きですよ!)

ぎゃあああ!!

meerH170702.jpg

 ミーアの誕生日7月2日だったのにすっかり忘れてました。
ミーアおめでとう。
これからも愛をふりまいていてね。
↑の絵は、ちょっと前に初めてパスツールを使ってせこせこ色塗りしていたものです。
パスって難しいです。
線はきれいに引けるけれど。

DEAD SET聞きました。

 angelaの新曲DEAD SETを聞きました。
堀江さんのラジオ聞いて、angelaのラジオ聞いて、林原さんのラジオ聞いて、その後また別の局で林原さんのラジオ聞いたので、一晩のうちに4回聞きました。
カセットテープに録音して、一生懸命歌詞の書き出しをしました。
しかし、聞き取れないところ多数出現。
angelaの歌って何言ってるかわからないところってよくあるので、あんまり気にしてません。
そんなことよりも歌自身がとても好きなので。

 で、一生懸命書き出してみた歌詞がこちらです。
私が聞き取るのがへたくそなので、間違ってる可能性100%です。
音をそのまま文字に変換すると言葉として成り立たなかったものは「●」で表現してあります。
(ええ、私の耳と頭脳が未熟だからですよ。)
聞き直してわかるところがあれば書き直すかもしれません。
でも、まあ発売日8月3日なんで、1ヶ月待てばいいだけのことなんですけどね。

「目の前に広がってるこの世界信じて
同じようで同じでない日常はジオラマ
疑うこと知ったときに自分の足●●●●●した
進むことに理由なんてない 今はただ行かなくちゃ
ああ 迷っている●●● 抱きしめた●●●●●
加速した残酷な現実は
どんなふうに僕を壊していくだろう
計り知れない不安を
脱ぎ捨てた体ひとつ
脳裏には残像がちらつく●●●●
どんなふうに僕は笑っているだろう
せめて 生きて まもるとき(???)
もの(??)に愛を届けるために

退屈で平凡な幸せに身を置いて
覚醒してく行き場のない孤独に怯え去り(?)
ああ 悟っているのかな(?) 記憶は帰らない(変えられない?)
感情に翻弄されるがままだった
そんな僕が大人になる瞬間
失いたくない●●●●
ぬくもりに気付いたとき
誰にでも強くありたかった
真っ直ぐに擦り切れそうな日常
せめて 生きて まもるとき(???)
もの(??)に愛を届けるために」

 驚いたのが、angelaのラジオで2番の歌詞のところまで曲がかかったことです。
すたちゃさんは、発売前には1番までしかかけないと思っていたのですが。
林原さんのラジオでは結構最後のほうまでかかったりましたが、1番が終わると曲をバックに話し始めたので聞き取れませんでした。
今夜もうひとつの林原さんの番組でまたもう一回聞けるのが楽しみです。

 曲と「蒼穹のファフナーRIGHT of LEFT」との関連性についての考察はまた今度書こうと思います。
そういえば、「DEAD SET」のカップリングは「花のように」だそうで。
atsukoさんによるとバラードだそうですね。
しかし、名前からして今までのangalaとは別の印象を受けます。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY#37

 迷わないから強いシンが、今週ちょっと迷いました。
私としては、ここで迷ってくれなかったらどうしようという感じなのですが。
迷ってくれてよかったです。
迷っていたシンが迷う心を押し殺して戦う覚悟をするシーンが好きですね。
いっしょに見ていた弟が「勝て!アスラン!レイをやっつけろ!」と言っていました。
(事前に「アスランのグフは爆散するよ」と教えておいたのにアスランの応援してる弟が見ていておもしろかったです。ラジ種の次回予告はネタバレに近いです。)
シンがアスランの乗るグフを落としたときにレイが「よくやった」と言ったタイミングが、ファフナーの総士と酷似しているように感じました。
というか、次にそのセリフ来るなと予想できました。

 結局シンが乗るデスティニーにやられてしまうグフですが、なんとかアスランとメイリンは助かったようでよかったです。
逆に言うと、ちゃんと殺せないシンの実力に疑問を抱きます。
キラの時といい。
(アスランとメイリンの運がよかったとも言えますが。)
アスランよりも、シートベルトをしていなかったメイリンのほうが心配です。
そういえば、新型機のシートベルトはピンク色なんですね。
なんだかそこに目が行ってしまって。(おい;)
 アスランたちを乗せた一行はラクスのもとへ向かうのでしょうか。
そうであって欲しいと細々と願っています。
そして、メイリンのいなくなったミネルバで「○○○、どうぞ!」って言うのは誰になるのでしょうか。
(↑オペレーターさんって言うの??)

 シン(16)の胸で泣くルナマリア(17)。
あんまり予想していなかったのですが、やはり肉親がいなくなるのは悲しいことですね。
というのは、妹を戦争で失ったシンが身にしみてわかっていることで。
このシーンの二人の感情ってなんて複雑なんだ、と思いました。
なんせ、加害者と被害者ですから。
3クール目のOPでシンとルナマリアがいっしょにいるシーンが多いなあと思っていましたが、ようやくそこらへんのドラマが展開してきたようですね。

 来週はロゴスに対してザフトがピンチなの?

(追記)
っていうか、よく考えたらアスランを乗せた一行は普通にアークエンジェルに向かうんじゃないか。
船が飛んでたから宇宙にいくのかと勘違いしました。
だいたいまず、ラクスがどこにいるか知らないわけだし。

今夜は。

 今夜は22時からずーっとangelaがゲストですよ。
なんかもう、今週はそれが楽しみで仕方がありません。
テープに録音したいです。
(私はMDとか、そんなハイテク機器持っていません。)
http://www.starchild.co.jp/artist/angela/news.html

聞いた聞いた。

 今週やっとこさラジ種聞きました。
が、鈴村さんのお歌が流れませんでした。
鈴村さんのお歌を聞く気満々だった私はちょっぴりショックを受けたのでした。
なんか、もう時期的にアウルの歌とか流されそうな気がするので、来週もだいぶ心配です。

 今週のゲストは坂本さんでした。
・鈴村さんが今週はおもしろい、おもしろいと言って、喜んでいるようでした。
・ルナマリアが「アスランは逃げるなら私を連れてく」と言っていたのがおもしろかったです。
(私の弟と同じ思考回路の人がいるとは。ルナマリア好きの人にはこういう人多いのかしら。)
・レイと議長さんの「妖しい関係」は前々から感づいていたらしい鈴村さんと坂本さん。
(何がどう妖しいかは言ってませんでした。)
・盗んだグフで走り出すアスラン・ザラ。
(そういえば中学の頃、私の友人に尾崎豊好きな友人がおりましたよ。)

 現在出演交渉中の方は保志さんと三石さんと小山さんだそうです。
この「出演交渉中」という表現の仕方はうまいなあと思います。
以前、田中さんの名前が挙がっていたのですが、いまだゲストに来ていないような。
来週のゲストは保志さんだといいですね。

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。