スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人に会ってきました。

 友人宅で描いてきたラクスとアスラン
今日は友人にスーツCD8のラクス×ミーアを聴かせてもらったのでラクスを描いていたのですが、友人が今日はアスランの誕生日だということを教えてくれたので、隣にアスランも描きました。
アニメ誌でありそうな構図だと言ってくださいました。
 スーツCD8のドラマを聞いたのですが、ラクスが「これはファンクラブ会員限定の?」みたいなことを言っていて、それがファンクラブ限定ということを知ってるラクスがどうなのよ、思いました。
キラが「僕はラクスのままがいい」と言っていたのですが、以前ラジ種に保志さんがゲストに来た時、鈴村さんの「(ラクスとミーアの)どちらがタイプですか?」という質問に、保志さんは「どっちも好みです。」と答えていました。
 (↑の180°回転バージョン

 ノエインを見ているのですか、第3話を見てやっとアトリを演じているのが鈴村さんだということに気がつきました。
アトリは一言で言うと気持ち悪くて恐いです。
キモ恐いです。
こんな人に襲われたくないです。
 ノエインはバンダイチャンネルで無料配信されています。
毎週1話ずつ月曜日更新なので、2話は日曜日(明日)までしか見られませんよ。(1話はずっと見られます。)
2話はキャラデザが違うんじゃないの!?ってくらい作画が異なるのでびっくりでした。

 例のアニソン歌詞サイト→アニメソングの歌詞ならここにおまかせ?


angelaメモ
ラブバラード、染み渡るラブソング、KATSUさんの得意分野?勝負?アニメ見たら泣く??
スポンサーサイト

BLACK CAT#1

 最初の5分くらいを見逃しました。
(起きられなかった…!!)
藤原啓治さんがまた素敵なおじ様役を演じてらっしゃる。
見るかどうか迷っていたので声優のチェックとか全然してませんでした。
福圓さんと豊口さんが出るって事を知ってたくらい。
(福圓さんがイヴをやるの~!?そんな~!!みたいな。)
トレインくんはもうちょっとかわいい声だと思っていました。
でも、まだあんまりしゃべっていないのでわかりませんが。

 GONZOが作るということで、もっと血の表現が激しいと思っていたのですが、だいぶ抽象的だったのでびっくりしました。
(これは本当に見当違いだった。)
エンディングがこれまた凄いのを持ってきたなあという感じ。
深夜にこういうエンディングを見るのは楽しい。
(すたちゃとかはよくやりますよね。)
GONZOは今回この作品で何を目指してるんだろう。
(雑誌にはGONZOは少年漫画もやれるんだよと示したいとかいうことが書いてあったのですが。)

 音響監督は三間雅文さんなんですね。
三間さん好きだ。
美術監督は種デスでもおなじみの池田繁美さん。
(美術監督がどういう仕事なのかはよくわかっていない。)

 GONZOはこのBLACK CATを原作のままではなくちょっとオリジナルを加えていくということを初めから雑誌等々で伝えていたので、そういうのを見ていた人は原作とちょっと違うことを踏まえて見ることができると思うのですが、原作を知っていてそういうことを知らない人にはこのアニメ化はどう写るのかなあ、と思います。
私は原作をちらちらっとしか知らないのでよくわかりません。
絵はかわいいと思っていましたけど。
ただ、原作ではトレインくんとスヴェンはもっと前に出逢っていたと思うのですが。
(違うかなあ。)

 第2話目はオープニングを見たいです。
(見逃したので。)

はああ。

 明日が球技大会だってのに、学校に体操服を忘れてきたりしました。
今日は先生に、先生(男)が大学時代にヨーロッパでひもじい一人旅をしていたら危うくホモのドイツ人の家に上がるところだったとかいうどうでもいい話を聞かされるし。

 そういや今日がファフナーのドラマCDの発売日なのですが、予約したときに入荷の電話をくださいと言ったのに電話がきません。
たぶん、夕方くらいにかかってきて私がそのときいなかっただけであったと願いたいのですが。
アニメイトTVの試聴で、キャラの声けっこうを忘れていたことに気付かされました。
甲洋の声とか完全にわからなかったです。
ツバサの小狼に聞こえました。
今週末くらいにCD取りに行きたいです、TSUTAYAへ。

監督~!!

 「有楽町アニメタウン」を聞いてとてもhighな気分になったよ。
いろいろ面白かったけど、一番面白かったのは
ラクス=水戸黄門
キラとアスラン=助さんと格さん
ミーア=偽水戸黄門
という、立ち位置だったってこと。
(今、私の机の上にフィギュアがそんな感じに並べてある。)
「おかあさん」の謎もなんとなく解けたような気がしてよかった。
両澤さんがいきなり「レイシン」とか「ステラ萌え」という単語を使ってきたのでかなりびびった。
とにかくそういうのでも何でもいいから、話をするきっかけになって欲しいとのことで。
とりあえず私としては、ほとんどラジオに出ない福田さんの声や両澤さんの声が聞けただけで大収穫です。

どうでもいいですが。

 来年のドラえもんの映画は「のび太と恐竜」だそうですが、それって映画第一弾のリメイク版ってことですか?
今日のドラえもん見てるとそんな感じでしたね。
ドラえもんは新スタッフになる前からあまり見なくなったのですが、その理由は見なくてもどうでもいいと思うようになったからと、以前見たことのあるものしかやらなくなったからです。
今日のも宝捜しの話は見たことあったし。
新キャストでしずかちゃんを演じていらっしゃるかかずさんがお子さんを出産したそうなのですが、今日の声はかかずさんだったように聞こえました。
産休あったのかしら。
そういえば、衛星アニメ劇場の司会もかかずさんから松本さんに代わってましたね。
やっぱり産休してたから?
関係ないですが、今「ドラえもん」って打って変換したら普通に「ドラ」と「えもん」に平仮名と片仮名に分かれたので驚きました。

 10月24日のBSアニメ夜話で新海誠さんの『ほしのこえ』がやるそうで、すごく楽しみです。
人物の作画がいまいちなのは絶対話題になりそう。
でも、CGとか綺麗だしね。
何より一人で作っていることが凄いですから。
関係ないですが、今「ほしのこえ」を間違えて変換してしまったら「保志の声」になった。(笑)
保志さんは『ほしのこえ』には出ていません。

 モッズヘアのシャンプーのCM、私も先週の土曜日に初めて見てそれからよく見るのですが、やはりあの声は石田さんですよね。
種のファンサイトとか行って日記見るとだいたいそのようなことが書かれているのでそうなのかと思いました。
意識しないと結構平気なのですが、意識すると顔がにやk…。
林原さんがカップヌードルキムチのCMをしたときは、聞いてはいたけど初めて見たときはわかりませんでしたよ。

BLOOD+見た。

 遅ればせながらBLOOD+を見ました。
遅れたのはビデオに録画して1週間くらい見ていなかったから。
弟が「俺はメジャーを見るんだ!」と言って聞かないので私がビデオに録画して夜中に一人でひっそり見る羽目に。
 小夜のカラーリングがシンと一緒だったよ。(黒髪、赤目)
鋼の時はこの時間帯に激しい血の描写とかどうなの?あれ、とか言われていたけれどその比じゃないですね。
小学生はNHKでメジャーを見ていればよし。
誰も無理して見せようなんざ思わんさ。
今回のツボ描写はデヴィッドさんが封筒(たぶんお金)を弁当箱の上に置いて去った後、お父さんが封筒を取らずにその下の弁当箱を取ったところでした。
ちなみに第2話でツボだったのは、ニュース番組の左上に時刻が表示してあってそれが「7:13」から「7:14」に変わったことです。

 最近再放送の当てが外れる。
「ツバサ」終わったので、ようし来週は「カードキャプターさくら」の続きだ、と思っていたら「ツバサ」再放送でした。
「カードキャプターさくら」終わったあとに、続きは年内に放送開始しますって意味のテロップ出てましたよね…?
メジャーの再放送終わった後にやるのかなあ。
「ツバサ」の再放送は見ません。
 あと、種デスも再放送やると思っていたんですよ。
再放送をする時間はあったはずなんです。
最終兵器彼女の再放送が終わったとき、次は時期的にも絶対種デスだと思った。
そしたら何にもやらなかった。
鋼の再放送日時が移動して、その時間帯には「ウルトラマンネクサス」が再放送って…。
種デスの再放送は望めないかも。

 あ、あと関係ないですが、この間たまたまウルトラマンマックスを見たら、ゼットンが負けていたのでがっかりでした。
ゼットンは初代ウルトラマンに勝ってるんだから、勝ってくれなくちゃ。
初代ウルトラマンの人とそのときの隊員の人が出演してるんですね。

ブログデザイン変更

 ブログを色変えしました。
ザフトレッド!!(ごめんなさい。便乗しました。)
前のやつにする前はもともとこの色にしようと思っていたんですが、なんとなく気に入って前のにしてました。
種デス放送中にこの色にしておけばよかったなあ。
しばらくはこの色のままでいるつもりです。
「しばらく」っていうのは『蒼穹のファフナーLIGHT OF LEFT』の放送前くらいまでかな。
ファフナー放送したらまたデザイン変えたいです、フェストゥム風に(笑)。

種デス終わったね~。

 ああー、終わった。
感想も書いたー。
疲れたー。
もうこうやって毎週感想書くなんてことは無いかもしれない。
疲れるから。
でも、たぶん書きたいときは書くんだろうなあー。
種デス終わったけど、フィギュアとかはまだ買うかも。
バンダイのガシャポンのガンダムキャラクターズはコンプリートが目標だから。

 実際、金曜深夜のラジ種が終わった時点で種デス終わった気分でいたから。
放送5時30分からだったからさあ、4時くらいからそわそわしてはいたけれどさあ。
こうさあ、アニメを見てラジオで笑うっていうのが一週間のサイクルだったからさ、ラジ種終わってこの消化不良な気持ちを何処で晴らせばいいのかなっていうかさ。
ラジオのネット局が地域に無かったからさ、雑音ばかりの文化放送をスピーカーに耳を密着させて毎週聞いていましたよ。
文化放送、放送時間遅くて何度も聞き逃したよ。
タイマー録音できるようなそんな素晴らしいラジカセは持っていなかったよ。

 うん。

 今月いっぱいかけて、種デスのキャラに一人一人思いを込めて、キャラ考書こうと思います。
絵付きで。
一応10~12人くらいを予定しています。
一応絵の下書きはもうしてあるので。
使ってあげないとかわいそうっていうか。
また、企画倒れになりたくないっていうか。

 最終回は作画監督が山口さんと後もう一人いた。(名前忘れた。ごめんなさい。)
私は山口さんが作監のときの作画は好きなので、最後にまた山口画を見られて良かった。
平井さんの描くレイが妙にかわいかった。
平井さんは絵うまいなあと思うのですが、裸と最期しか描かせてもらえてないのでかわいそう。
笑顔が寂しいと、この絵描きさん疲れてるのかなってどんな人に対しても思うよ。

 最終回のコンテ5人で描いてたのでびびったよ。
最近の種デスはコンテ3人とか4人で描いていたので、ただならないなにかを毎週感じながら見ていましたよ。
大丈夫だったのかな、あのスタジオ。

 キャストの表示の順が
キラ・ヤマト   保志総一郎
アスラン・ザラ  石田彰
シン・アスカ   鈴村健一
ラクス・クライン 田中理恵
になってた。
シンが主人公から降ろされてた(先週から)。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY#50

 なんだあれ。
なんかもうあんな話足らずの最終回なら総集編なんて何回もやるなよ…。
最後の最後までフリーダムだし。
 というのが率直な感想ですが、ここはあくまで真面目に(笑)感動を書こうと思います。

 最終回のメインはやっぱりレイVSキラだったんですね。
主人公…。
 ええと、まず主人公のことから。
最後の最後まで誰かの言葉に左右されながら剣を振るうシン。
君は命令か怒りが無くては何も出来ないのですか。
もうちょっと考えた戦い方をして欲しかったです。
 シン「裏切り者!!」
確かに軍からみればアスランは裏切り者ですが、「裏切り者」という言葉はシンの言葉ではないと思います。
レイの言葉を借りているだけだと思います。
 アスラン「もう、お前も、過去に捕らわれたまま戦うのはやめろ。」
それは復讐のために戦うなということなのですか。
というか、今だにルナマリアの怒りの矛先がメイリンをさらったアスランに向いているってことになってるのがわかりません。
 アスラン「こんの…ばかやろう!!」
守りたいものを守るために手に入れた力であるはずなのに、守るべきものを撃つことになってしまってはいけないです。
結果としてそうはなりませんでしたが。
シンにはそういうこともあり得るということに、もっと早く自覚してもらうべきだったと思います。
アスランは前にもそんなようなこと言ってたんですけどね。
 それにしても、「ばかやろう」か。
種デスとは縁のなさそうに思われていた人間味あふれる言葉ですね。

 ジュール隊長!
「自分勝手に勝手な判断を」してはいけませんよ。
ジュール隊のみなさんはいつも迷惑かけられっぱなしですね。

 アカツキって乗る人が乗ると凄い機体ですね。
バリア通り抜け!?

 そして今回のメインなのかな、レイVSキラ。
自分は「ラウ・ル・クルーゼ」だと主張するレイと、命は一つであるから君は君自身であるというキラ。
キラ「命は何にだって一つだ、だからその命は君だ!彼じゃない!」
どちらも正しいんですけどね。
物質としてはレイはラウと同じだけれど、レイはレイであるんですよね。
 そして、議長の脳天を撃ちに行くキラ。
もうここまで来ると種デスもキラが初めから主人公だったみたいですね(っていうか実質そう)。
ここで、このキラがシンだったら絵的におもしろいかも。
キラ「でも、僕たちはそれを知ってる。
   わかっていけることも、変わっていけることも。
   だから、明日が欲しいんだ。」
そう思っているのならどうして議長を変えようとしないのかな。
 レイに撃たれる議長。
レイ「ごめん…な…さいぃ。
   でもっ…彼の…明日は…っ」
私、SEED見ていなかったのでよくわからなかったのですが、キラは最高傑作で、レイは失敗作なの?
それで、キラのいう明日っていうのは、レイの明日でもあるってことなんですか。
キラの言う明日にはレイは生きていけるけれど、議長のいう未来にはレイは生きていけないってことなんですか。
だから撃ったんですか、彼は。
 そのあとキラが一人で逃げたので、「この人でなしー!!」と心の中で叫びました。
たぶんこれがアスランだったらレイも連れて帰ると思います。

 いろいろ期待していた人が全然活躍しませんでした。
ラクスとか先週あれだったからもっと活躍すると思ってました。
メイリンとルナマリアが再会できると信じていました。
カガリがまたあの指輪をはめる日がくると思っていました。
シンが、無理やりでも主人公っぽい活躍をしてくれると思っていました。
 最後にシンが泣いていたのはどういうことだったのかよくわかりませんでした。
負けてしまったことの悲しみ?
 
 とりあえず、この戦いによって喜ぶ人は誰もいなかったことはわかりました。
それが、この最後の戦いと今までの戦いの違うところだと思います。
倒すことが出来たのに、アークエンジェルやエターナル側でそれを喜ぶ様子は一つも描かれていませんでした。
それは、戦うことによって出た犠牲によって悲しむ人がいることを戦うもの自身が自覚できているということなんでしょうか。
少なくとも、この戦いは戦果を上げればたたえられる戦いでは無かったのだと思います。
たたえてくれる人は誰もいない戦いだったのだと思います。

 一番訳わからなかったのが、ステラとシンのシーン。
ステラの言う明日ってなんだったのだろう。
ステラ「ステラ、昨日もらったの。だからわかるの。うれしいの。」
何をもらっただろう。
SEEDは3部作って噂がちらほら飛び交っているけれど、それは本当なのですか。
これは第3部に続くってことなのですか。
続かないとこの作品が結果として何を描きたかったのかがわからないかもしれません。
  「もう2度と同じことを繰り返さない」で始まった種デス。
最終回でいろんな人がいろんなこと言ってましたね。
議長は、人は過去を忘れ同じことを繰り返すと言いました。
キラは、世界は変えることができる、明日が在ると言いました。
アスランは、過去に執着していてはいけないと言いました。
ステラは、また明日と言いました。
制作者が描きたかったのはどういうことなんだろう。
明日って何なのだろう。
「2度と同じことを繰り返さない」というのは、過去の修正ではなく、新しい別の未来を作るということである、ということが言いたかったのだろうか。
まだ私の中で消化不良な部分も多々ありますが、ひとまず種デスはここで終了ってことで。

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。