スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタメモ

 オリジナルネタのメモですので、すっ飛ばしてください。


 お姉さまが憎い、憎くてたまらない。
でも、お姉さま意外誰も好きにはなれない…。
そんな、愛憎劇。
物語は姉にいじめられ続けていた妹が姉を殺してしまった所から始まる。

 いじめられつつも、親はおらず、他に頼る人もいない妹はいつも姉にくっついているしかなかった。
そのことを悔しく思っていた妹。

 ちょうど、姉を殺してしまったそのときに、一人の男性がそれを見つけてしまう。
「どうやって…!」
妹に、自分は姉の友人だと言う男性。
その男性の話から受ける姉の印象は妹が見てきた姉の印象とは全く違っていた。
これをきっかけに数少ない姉の友人を訪ねて、自分が姉を殺してしまったことを告げ、また、自分の知らない姉の話を聞こうと決意する妹。

 姉の友人達に話を聞くうちにだんだんと姉を知っていく妹。
ねえ、お姉さまは本当はいい人…?
…やっぱり憎い、お姉さまなんて。
彼らは姉が死んだと聞くと、大いに驚いた。
そこには悲しみよりも動揺の色のほうが強く窺えた。

 『かわいいでしょう。私、あの子が大好きなの。』
ある姉の友人は、姉が妹のことをそのように言っていたと告げる。
そして、その人もまた姉が死んだことについて大変驚いた。
「彼女は自分は不老不死だと言っていた。でも、その能力は君に移ってしまったようだ。どうやったのかは知らないが。」

 姉の友人が姉の死を驚いていたのは、姉が死ぬはずはなかったからだった。
姉はいったい何年生きていたのかわからない。
では、なぜ、自分が妹として存在するのか…、そのことに悩まされる妹。

 ある人は、姉が自分に不老不死の能力を与えてくれたということは、姉は妹にどんなひどい仕打ちをしようとも、妹の死を望んでいなかったということだと言った。
またある人は、妹に姉が自分と等しく、死ねない苦しみを味わわせるためだ、とも言った。

 妹は姉が死に際に言っていた言葉を思い出す。
『私はあなたの死に顔を私以外の誰にも見せたくない。でもそれ以上に、私が死ぬときに隣にいるのはあなただけでいい。それ以外に誰もいらない。』


 そんな話をかきたいです。
姉の設定は、本当に妹を愛しているのだけれど、あまりに独占欲が強いばかりに、人とは少し違う愛し方をしてしまった、というかんじです。
妹は姉が憎いのだけれど、それでも姉を呼ぶときは『お姉さま』で。
唇を噛み締め、血を流しながらも上目遣いで。

 姉はどんないじめ方をしていたかというと、妹が初めて焼いたクッキーを食べて、おいしいと言っておきながら、2回目以降は「初めて焼いた方がおいしかったわ。」と言って、ちっとも誉めず、「でも、友達はおいしいって言ってくれたよ?」と言う妹に、「ダメなの!」ときつく言い、挙句の果てにそのクッキーに毒を盛り、それを鳥に食べさせて死ぬ様子を妹に見せ付ける、みたいな感じです。
あとは、花瓶の水でお茶を沸かして、それを何も知らない妹に飲ませたり、とか。
スポンサーサイト

コミック版ファフナー2巻

 ファフナー2巻を買いました。
本屋さんの新刊コーナーに『かみちゅ!』の1巻が置いてあったのに心惹かれたり、『奥さまは魔法少女』のさやかちゃんがかわいくてしかたなかったりしましたが、とりあえずファフナーだけ買ってきました。

 絵柄の方は線が細くなっていてびっくりでした。
絵柄に慣れたのか、違和感を感じなかったのが悲しかったです。
というか、最近自分の漫画を見る目が衰えつつあるように思います。
質の良い漫画に出会ってないというか、漫画すらあんまり読んでいないもので。
ジャンプの作品なんか読みたいのがあったりするのですが、読みたいと思ったときは単行本が1、2巻くらいしか発売していなかったのに、気がつくと10巻くらいまで発売されていて、お金が…、本棚が…、という状態になっていたりするのがしょっちゅうです。
そうでなくても、これから1年くらいは我慢するのかなあ。

 少し話がそれましたが、コミック版ファフナーもこれで完結ということで、あの、本当にお疲れ様でした。
話の内容が16話までだったのは予想通りだったけど、面白いのは後半からなので、その先も読んでみたかったかなというのが正直なところです。
ようやく描き慣れてきたところのようにも見えましたし。

ドラマCD買いました。

20060122161800
 ちょいと嘘つきなジャケットイラストでした。
24話の話だったので仕方ないですが。

オタクバトン

 こういうものが回ってきてしまったからには潔く認めたほうがいいってことなのか?
『電車男』を見ているとき、自分は電車男さんに感情移入するべきなのか…?と思ってしまったとき、もうダメだと思いました。

■まずオタク歴何年ですか?
アニメ・声優系のラジオを聞き始めたのは2002年の10月くらいから。
アニメ誌を買い始めたのは2003年の8月くらいから。

■あなたのオタク度は何パーセントくらいだと思いますか?
分からないけれど、50%は越えているはず。

■今一番好きなジャンルは?
好きなのはファフナーとHiME。
ネタとして楽しんでるのは種デス。

■オタクになったきっかけって?
『シャーマンキング』
を教えてくれた友人との出会い。

■一番思いいれのある作品は?
『シャーマンキング』
私の人生における第2次アニメブームの発端ですから。(←?)

■一番好きなアニソンは?
『Shangri-La』
ということにしておこう。
でも、一番っていわれると断言できませんね。

■萌えポイントを教えて下さい(その曲の)
「熟した果実だけ 選ばれて
ナイフで裂かれて 呑み込まれる前に」

■好きな声優は?
一番誰が好きっていうのはないです。
最近、声を聞きたいなあと思うのは佐藤ゆうこさん。
あと、最近ツボにくる演技は『ローゼンメイデントロイメント』の真紅における沢城みゆきさんの演技と、『ノエイン』のアトリにおける鈴村健一さんの演技。
応援したくなるのは後藤沙緒里さん。

■最愛のキャラは?
最近はミーア・キャンベルということで。

■一番好きな作家は?
【作家】芸術作品の制作をする人。また、それを職業とする人。特に、小説家。
と、あるので好きなアニメーターさんを挙げておきます。
大塚健さん、鈴木典光さん、高見明男さん、千葉道徳さん、久行宏和さん、平井久司さん、藤井まきさん、堀たえ子さん、山岡信一さん、…
一番なんて決められないです。

■グッズ・本・ゲームにかけた総額は?
CDとかを合わせると2~3万は越えているような気がします。
もしくははるかにそれ以上。

■隠れオタク?オープンオタク?
世間上では隠れオタクでいたい…です。

■ゲームしてます?アニメ見てます?
アニメは見ています。
ゲームはポケモンのアドバンス以来買ってません。

■オタクな自分について何か一言
職業にしてみせろ!!

■まわす5人
いないです。

種デスキャラ語りその7 ラクス・クライン

 しばらくです。
は、早く書き終えてしまいたい。

 『BLOOD+』の新OPの演出が中澤一登さんだったのでびっくりでした。
普通のアニメっぽくなくてよかった。
1クール目よりも好きです。


lacusH171119.gif
 最恐の歌姫ラクス・クラインです。
彼女にはまさに「女帝」という言葉がぴったりだな、と思っていたら、FINAL PLUSで本当に女帝になりやがっ…、おなりになられたので、驚きでした。

 彼女の必殺技は「言葉責め(攻め)」です。
さらっと痛いところをついてきます。
現実を目の前に突きつけます。
そして、選ばせます。
いままで、彼女の言葉でどれほどの人が戦場に駆り出されたかわかりません。
人々はその天使のような歌声に誘われ、悪魔のささやきに知らず知らずのうちに耳を傾けてしまいます。
「さあ、あなたはどうしたいのですか。」
それでも、人々は天使様の思惑通りに導かれてしまうのです。
…なんて。(笑)
そんな彼女をひと言で表すとしたらきっと「マインドスイーパー」。(笑)

 つまり、結局は戦場を制するのは兵器ではなく、言葉なのです。
ロボットだ、兵器だ、って言ったって、戦っているのは人。
精神的に揺らぎやすい生身の生き物です。
だから、人を信じるし、勘違いもするし、騙される。
彼女はきっとそれを知らず知らずのうちに知っています。

 そして人々はそんな彼女を心のよりどころとします。
彼女が強く、それゆえに恐れられるのは人々を惹きつける魅力を持ち合わせているからです。
それも、「力」の一つ。
相手が人間ならば、言葉を制するものが世界を制するのだと、私は思います。

lacusH171030.gif
↑だったら面白い、けどありえないな。
しかし、FINAL PLUSのOPのリボン…。
 キラとラクスの間には子供は出来んのか?と思っていたら、1世代目コーディネーターもしくはスーパーコーディネーターと2世代目の間には子供が出来やすい??という友人情報。
一体どうしてそうなるのか納得いきませんが。
アスランとラクスは2世代目だけど、婚約者同士であったから、遺伝子的に相性は良かったのか、な?
子供生まれないのに婚約者にする必要ってないからなあ。
コーディネーターとナチュラルの間には子供ってできるの?

好きなアニメバトン

 『好きなアニメ』ってピンポイントですね!
答えます~♪

☆持っているアニメDVD
・『千と千尋の神隠し』
・『シャーマンキング』(14)
・『シャーマンキング』(15)
・『シャーマンキング』哀しみのかたち 葉王伝説
シャーマンキングのDVDは全部TSUTAYAで売っていた新品の初回版の売れ残り1000円。

☆最近見たアニメ
とりあえず、今、ほぼ毎週見ているアニメ。
・『機動戦艦ナデシコ』
・『交響詩篇エウレカセブン』(ときどき見忘れる)
・『舞-乙HiME』
・『灼眼のシャナ』
・『焼きたて!!ジャぱん』
・『BLEACH』
・『クラスターエッジ』
・『蟲師』
・『ケロロ軍曹』(ときどき見られない)
・『BLACK CAT』
・『ローゼンメイデントロイメント』
・『ノエイン もうひとりの君へ』
・『BLOOD+』

☆最初に出会ったアニメ
 覚えがないです。
父に聞いたら「『ドラえもん』とかじゃないの?」って言われました。

 ちなみに初めて見た深夜アニメは『宇宙のステルヴィア』。
ラジオでかかっていたangelaの『明日へのbrilliant road』が気に入ったので、どんな絵がついたOPなのかなー?と思って見てみたら、いまひとつだったのでちょっとがっかりでした。
でも、物語はとってもよかったです。
あのときお金があったらDVD-BOX買ったのに。

☆特別な思い入れの有るアニメ
『シャーマンキング』
私の人生における第2次アニメブームに突入するきっかけになった作品。(第2次アニメブームって何!?)
出会い。
このアニメをきっかけに、作画監督が誰とか、演出が誰とか、脚本が誰とか気にしてアニメを見るようになりました。
また、ケーブルに加入して、テレビ東京系のアニメが見られるようになったときに、一番初めに見たテレビ東京系のアニメでもあります。
あと、私が水島精二さんをあまり好きになれない理由。

☆回す5人
いません、すまないです。

こんな感じかな~♪

連想バトン

 回ってきたので、答えます。
いつもどうもありがとう。

1.前の人からのキーワード
 …→『するべきこと』→『勉強』→『恋人』→『ナルシスト』→『鳥肌』→『好奇心』→『インタ~ネット』→『嘘』→『秘密』→ 『Paradox』→『矛盾』→『共存』→『双生児』→『個々』→『社会』→『歴史』→『真実』→『捏造』→『虚構』→『映画』→『雲』→『秋』→『始動』→(『至道』)→『放課後』→『夕焼け』→『寄り道』→『2人っきり』→『手を繋ぐ』→『デ~ト』→『部屋』→『自分ワ~ルド』→『創造』→『神』→ 『ノアの箱船』→『ジューンブライド』→『バラ(ブライダルピンク)』→『林家ペー、パー』→『写真』→『白黒』→『パンダ』→『早乙女玄馬』→『オッサン』→『バーコード頭』→『スキャナ』→『取り込む』→『支配』→『制服』→『セーラ服』→『コスプレ』→『有明』→『知る人ぞ知る』→『マイナーメジャー』→『我が道を行く』→『何か問題でも?』→『人間だもの』→『お前の名言を暴露してみろ!!』 →『頑張らなくていいよ 弱音吐きまくれ』→『有難う』→『カーネーション』

2.そこから自分が連想したキーワード
 『おかあさん』

3.回して下さった方へ一言
 「綿の妖精☆ワタナベさん」が何者なのか気になります。
(ごめんなさいごめんなさいごめんなさい;いつもお世話になりっぱなしです。)

4.次に回したい人3人
 ごめんなさい、回す人がいません。
ここまで回ってきてくれたのに申し訳ないです。
なんだかとっても後ろめたい。

Charada!

 雑誌「Charada!」Vol.1を買いました。
目的はファフナーROLの記事です。
そこで、羽原監督がファフナー本編を見たことのない人は先にROLを見てくださいと言っていたので、友人にファフナーROLのビデオを貸しておいて良かった!と思いました。
あ~、ROLの感想はそのうち書きたいです。

 あと、「Charada!」に、『キャラクター検定模試*第1回 機動戦士ガンダムSEED/SEED DESTINY』というのが載っていて、やってみたのですが、これがなかなかに難しかったです。
アスランがカガリにプレゼントした指輪についてるダイヤの数はいくつか、とかそんなのばっかり。(これは間違えた。)
結果は100点満点中70点でした。
…これは、あんまり点数が良くないほうがいいですね。
同じものを弟にもやらせたら、弟は24点でした。
弟は「点数よくなくて良かった」と言いました。
うん、そうだね。

いよいよ

 今日はファフナーROLの放送日です。
すごく楽しみ。
ネットのネタばれを見ないで今日まで過ごしてきました。

 DVDのほうは通常版とスペシャル版があるそうで、通常版は3月24日に、スペシャル版は4月05日発売のようです。
DVD高くて買えないけれど、スペシャル版の未公開映像が気になる。
サントラは3月8日発売予定。
また、angelaのNEWアルバム『PRHYTHM』には挿入歌『果て無きモノローグ』も収録されるそうで、もうこれは買うしかありませんね、という感じです。

 まだ見ていないのに気が早いですね。
背景が綺麗だそうなのでそこら変に期待します。
アニメ誌とかハイライトを見ている限りでは作画には微妙にばらつきがあるみたいです。

年賀絵web用


 下書きの際中に考えていたものとは違って随分ピンクピンクしいものになってしまいました。
そして、これから先、耳とか尻尾をつけてやろうなどと自ら思う日が来るのだろうか。
まあ、それはそのときのノリ次第ということで。
もうこれ以上は絵について何も語りません。
語ると墓穴を掘ってしまうような気がするので。
(実際こんな絵を載せるのは恥ずかしい…。
描くなよって感じだけど、描いてる際中は全然そんな気起こらないんです。)

 ☆今年の抱負☆
・アニメの新番組を見ない。

 今年はこれで行きます。
今見続けているもの意外は見ません。
見ないようにしよう。
ああ、でも続編は見ちゃうかも。
『ツバサ』とか。
あと、『マルドゥック・スクランブル』気になるなあ。
あと、『BLOOD+』の後番組がいったいどうなるのか気になる。
……。
でも、とりあえず1月からの新番組は見ません。
だって、そうしないと勉強に身が入らない。

 2005年に描いたイラスト(紙に描いたやつ)の整理をしていたら、1月ごろにはファフナーをちょろちょろっと描いていたのに、それから種デスの練習をどんどんしていた自分がいたことに気付きました。
2005年のイラスト傾向の変化が目に見えて面白かったです。
あと、オリジナルがやりたいけどアイデアが思いつかん、と思ってポケモンの図鑑とか見ながらパーツ借りて描いたオリジナルっぽいもの?とか数人出てきた。
擬人化するつもりではないのでみんな女の子。
あと、シャーマンもちょこっと出てきた。
シャーマンでは絶対やりたい構図があるので、近いうちに描いてしまいたいです。
2006年は何を描くのだろうか。

あけましておめでとうございます

 2006年ですね。
年賀状が届きましたが、私の年賀状は届いたのでしょうか。
というか、むしろ届かないでください、今年は。
ああ、本当にオフの方たちごめんなさい。
今年の年賀状は頑張りませんでした。
もうネタ切れです。(早っ!)
去年あんなの送らなきゃよかった。
もう、動物にこだわるのやめればよかった。
私の今年の年賀状は白い年賀状です。
期待してくださっていた方々ごめんなさい。

 母は毎年私宛てに送られてくる年賀状を楽しみにします。
母「みんな、こんなに文章よく書くねぇ」
ええ、私も本当にそう思います。
私は文章書くのにものすごく時間を浪費するので、絵で誤魔化そうとしている輩ですので、皆さんがどうしてそんなにも文章が書けるのかわかりません。
尊敬します。
あ、あと、皆さん、紙の端っこまで印刷できる印刷機をお持ちのようで、うらやましい限りです。

 オン用に描いてるのは、もう少しで出来上がりそう?なので、頑張れば今日中にUPできるかと思います。

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。