スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どーする

 オリンシスとルルーシュの放送時間が見事に被りやがりました。
優先順位からするとルルーシュの方が上なので、ルルーシュをビデオに録画して、オリンシスの方は頑張ってリアルタイムで見ようと思います。
まあ、最近は23時に寝て3時に起きる生活をしているので、22時に寝て2時に起きるようにすれば大丈夫か…な…?
ひぐらしもルルーシュの放送終了7分後に始まるので、結構厳しいです。
DVDレコーダー、ダブ禄のできるやつマジ欲しいです。

 改変期になると、そんなかんじで金曜日の新聞に入ってくる週間テレビ番組表を見ながらアニメのやるところに全部マーカーで印をつけて放送時間の確認をしているのです。
ネギま!?が夕方に放送なのは意外。
なぜか住んでる地方の独立UHF局で今ごろぱにぽにだっしゅ!が放送開始。(←おもしろいのでぜひ。「黄色いバカンス」です。)
なぜか住んでる地方のテレビ東京系で今ごろガン×ソードが放送開始。
ライオン丸Gはangelaが主題歌なので1話のみ見るつもり。
Dグレはちょっと見てみたいけど我慢。
武装錬金はちょっと見てみたいけど我慢。
デスノはたぶん桜蘭高校の後番組なので住んでるところでは日テレの1週間遅れになりそう。(宮野さんがホストから殺人鬼に!?)

 あと、キッズステーションでのステルヴィアの後番組はファフナーです!(祝)
スポンサーサイト

BLOOD+ #50

 最高に良い最終回でした。
言葉のひとつひとつが美しい。
映像ならではの、はっきりともの語らぬところも凄く良い。

 カイがハジに向かって「お前だって小夜を愛してるんだろ!?」みたいなことを言ってるのがねー、なんかねー。
「お前『だって』」ってことはカイも小夜のことを愛してるってことなんだろうね。
自分の気持ちを言ってないのはカイのほうです。
それなのに、その後小夜とハジがキスするところを見せられちゃう(?)なんてさあ!!
でもカイは小夜が好きなように生きていくことを望んでるし、小夜が幸せになることを望んでるから別にそういう気持ちは気にしないっていうか、気づいてないだろうね。
このキスは1話の『ファースト・キス』から始まる戦いの締めくくりを表しているようです。

 その後アンシェルが再び襲って来たときに、小夜がハジにすれ違い様に刀を渡すシーンがこれまたよかったです。
二人の息は抜群に合っていて、カイの入る隙間はないですか?
と思っていたら、ハジがーっ!ハジがーっ!!
ああ…。
でもおそらく確実にハジは生きてるはず!
最後のあのシーンを見ている限りは。
しかし、カイ、ピンクのバラに付いていた青いリボンを見て、ディーバの子どもたちに「さわるな、おばちゃんのリボンだ」って言い方は、なんだ…?
あのピンクのバラを見ると、もちろんハジは小夜がピンク好きだってことを知っていたみたいですね。

 そして沖縄に戻った小夜たち。
カイと真央は、あれ、退学したってことになってるのかなあ。
1話のあの切り株から新しい芽が出てるのが時の流れを感じさせるとともに新しく生きてゆく人々を感じさせます。

 ジュリアのお腹に赤ちゃんがいて誰の子なのか語らずとも分かる、ああいうのは好きです。

 OMOROでの真央とジョエルのやりとりが好きです。
「その魚、骨ごと食べるのよ」
「その手には乗りませんよ、お嬢さん」

 そして、小夜は30年の眠りに着くため石碑っていうかお墓(?)へカイと向かいます。
あのバイクのシーンが1話を思わせるとともに、1話ではあのシーンは昼だったけど最終回は夜なのが、物語の終わりを示しているようです。
キスシーンが戦いの始まりと締めくくりを示すなら、バイクシーンは物語の始まりと締めくくりを示すってことかなと。
お墓(?)への階段を上る途中で眠りに着いてしまう小夜。
ってか、カイ、ぐずぐずと自分の気持ちを小夜に伝えなかったことを30年間後悔するといいさ!!(←?)

 数年後かどうかはわかりませんが、小夜が眠る地へ来たカイとディーバの子どもたち。
多分声は喜多村さんと矢島さんじゃないかな。
ディーバの子どもたちがカイのことを「カイ」と呼ぶのですが、カイ的には「お父さん」と呼んでもらいたいようです。(微笑ましい。)
これまた若いお父さんで。
小夜が目覚めたとき、おそらくカイは48~50歳になってるんじゃないでしょうか。
それまでカイはディーバの子どもたちとともに小夜が目覚めたときのために家を守り続けていくと思います。
なぜなら、「ひとはかえりたい場所がないと戦えない」というのがファフナーのときからの私の戦いの定義というと違うかもしれませんが、みたいなものだからです。

 OPがいつもと違ってスタッフのテロップがなかったので、これはEDは特別版だなと思っていたら、そうでした。
曲が「語り継ぐもの」だったのはこの物語が語り継がれる物であり、語り継ぐ者がいるってことなんでしょう。
EDイラストが小夜とハジだったところを見ると、この物語はやはり小夜とハジの話だったのかなあと思います。
カイの入る隙間はやはり…ないですか?


 1年間本当に楽しませていただきました。
SEEDのときは1年ってあっと言う間だなあって感じたけれど、BLOOD+のときは1年って早いなあって感じです。
でもBLOOD+は1年間やりきった、って感じで充実していたと思います。

ひぐらしの壁紙

 本来暑中(残暑)見舞い用に描いていたのですが(今年はホラーでいこうと思ってたんだよ!)、パソコンが壊れたり、パソコンが壊れたり、パソコンが壊れたり、プリンタのインクがなかったり、時間がなかったりしたせいで、壁紙にすることにしました。(配布するほどたいしたものでもないですが。)
無駄にサイズがいろいろあるので、ご自分の使っていらっしゃるパソコンのデスクトップのサイズに合わせてどうぞ「お持ち帰り~vvv」してください!
(パソコンのデスクトップ画像としてのみお使いください。)
ちなみに、このブログは250KBまでの画像しかアップロードできないので、大きい画像は多少画質を落として無理やり250KB以内に収めてあります。

<サンプル>
rena640480.jpg
640 x 480 (133KB)
800 x 600 (185KB)
1024 x 768 (208KB)
1280 x 1024 (239KB)

 ついでにレナの元画像はこちら。(こっちはお持ち帰り禁止。)

当たった。

20060909232401
 某社の某雑誌の懸賞で、ひぐらしのB5(?)サイズのカードみたいなのが当たりました。
某社の某雑誌は年に1回しか買わないので、なんか儲けた感じがします。

 ひぐらしは今、目明かし編を見ているのですが、なんかもう、雪野五月さんの演技がすごいよ、って感じです。
魅音と詩音の会話ってどうやってアフレコしてるんだよ、と問いたいです。
SEEDで理恵さんがラクスとミーアを演じ分けたときもすごいと思ったけど、あのときは二人での会話はあんまりなかったからなあ。
今回は一方が怯えてて一方が怒ってたりするんで、もし、2人の会話を普通に一度に演じて録音してたら絶対すごい!と思います。
おそらくは先に魅音を録音して次に詩音を演じる、みたいな風だと予想するのですが。

やった!!!!

 友人からデスノートの月の声が宮野真守さんになったという速報メールが来ました。
あは~っ宮野さんだよ~!
宮野真守万歳!!
嬉しさで浮かれる今日この頃。
この嬉しさは注目していたからこそ来るもの?
 Lは山口勝平さんになったと聞きました。
LがLだけにコメントのしようがありません。(笑)

 『ヒカルの碁』のアニメを初めて見たときに、小畑さんの絵そのまんまだったので、「アニメーターさんってみんな小畑さん並の画力があるってこと!?すげー!!」と感動したことがあります。
話数によっては作画が崩れたりしましたが。
でもキャラの顔や身長が成長するごとに変わってゆくのを見事に描いてみせたのはすばらしかったです。
キャラ設定ってどれだけあったんだろう。
あの感動が再びよみがえってほしいところです。

知らなかったよ。

 石田燿子さんの『Hyper Yocomix 2』(8月25日発売)というアルバムの中で燿子さんが『Shangri-La』を歌ってるなんて知らなかったよ。
「最新ヒットアニメソング全18曲を収録を最新のユーロサウンドアレンジでボーカル石田燿子が歌い上げ」ているアルバムで、原曲を聞いたことのある曲がほとんどなので、ぜひぜひ聴いてみたいです。
と思っていたらジェネオンの石田燿子さんのHPで『Shangri-La』が試聴できました。
なんかすごく良いです。
今までカラオケでShangri-Laを歌うときは、自分の声がatsukoさんの声に合っていなくてどうやって歌ったら良いのか悩んでいたのですが、燿子さんが歌っているのを聴いてみて、どうやって歌ったらよいのか突破口が見えた感じがします。
フルで聴きたいです。

 また、『Hyper Yocomix』には『明日へのbrilliant road』が入っているようでこちらもぜひ聴いてみたいです。
今度レンタルできたらレンタルしたいです。

 話が変わりますが、タイナカサチさんの『最高の片想い』のジャケット写真のデザインがすごくツボです。
青空に白いスカートのひまわりなところも、タイトルが青から赤に色が変わっているところも全てツボにきます。
曲自体は聴いたことないのですが。

銀色のアレ、とか、反逆のアレ、とか

 『銀色のオリンシス』
セレナミスズ執政官(コウイチ) ←なんか画像が見られなかった。
とりあえず、住んでる地域で見られるのでオッケー!
声優さんは思っていたよりなんか………です。
鈴村さん出るね。
総作監さんがいるので作画は安定すると思いますが、総作監さんの絵柄になってしまわないか心配です。

 『コードギアス 反逆のルルーシュ』
オフィシャルサイト見たらキャストが公表されてました。

ルルーシュ・ランペルージ:福山潤
枢木スザク:櫻井孝宏
C.C.:ゆかな
カレン・シュタットフェルト:小清水亜美
ナナリー・ランペルージ:名塚佳織
ミレイ・アッシュフォード:大原さやか
リヴァル・カルデモンド:杉山紀彰
ニーナ・アインシュタイン:千葉紗子
篠崎咲世子:新井里美

キャスト発表前にルルーシュの声は誰になるか友人と予想したときは、宮野真守さんがきそうということになったのですが、個人的な思いとしては福山潤さんになって欲しかったのですごく嬉しいです。
万歳です。
何度も書くようですが、最近、福山さんのあのバカっぽい調子がツボなのです。
ルルーシュはバカやってくれそうにないキャラですが。
声的にはクラスターエッジのベリルみたいな感じかな…?
あと、友人と予想してたときに、友人はどうも櫻井さんが頭から離れなかったようなのですが、櫻井さんは枢木くんの声をやられるようで。
よかったね!というか予想が半分くらい当たっててすごい!と言いたいです。(友人に)
あと、カレンが小清水亜美さんなのも大納得。
最近の小清水さんの役は強気系(アネモネ然り、ニナ然り、真央然り)が多いので、今回もうまく演じてくれるんじゃないかと楽しみです。
C.C.がゆかなさんなのもなんとなく分かるような気がします。
舞姫の真白さまみたいな感じかな。

 OPはFLOW、EDはALI PROJECT(!!)。
ALI PROJECTとくるとは夢にも…、でもすごく嬉しいです。

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。