スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟲師見た。

 おもしろいよ、と言われて見ようと思ってビデオをセットしたのですが、2回くらい録画に失敗してなかなかみられなかったのです。
しかし、やっとこさ6話で見られました。
まず、その作画レベルの高さにびっくりです。
短髪が風になびいてるよ!!
エンディング見たら、そこまで線の多い絵じゃないのに、原画マンがいっぱいで意外でした。
 話の内容もおもしろくてよかったです。
なんだろう、この面白さは以前どこかで感じたんだがな、と思って思い返してみたら、『京極夏彦巷説百物語』が思い浮かんだのですが、そこまで恐いとかいう要素はない。
なんだったかなと思って他に捜してみたら、『人魚の森』が近いかなあ、と思いました。
『人魚の森』懐かしいなあ。
 『蟲師』、面白かったのでこれからも見ようと思います。


 例の曲はスレイヤーズでしたか。
なんかそんなに歌っていたなんて本当に意外です。
聞くところによると、『碧の子宮』は石田さんは語りだけっぽいですよ。
でも凄い気になる。
あと、『遥か』では他に『その蓮(はちす)を埋めるもの』っていうのも歌ってるみたいです。

 面白かったので引用してみる、フリー百科事典Wikipediaに載ってる石田さんの概要。

デビュー作は『おやゆび姫』(王子役)。高音域の透明感ある声が魅力。小学生をやったこともある。愛らしい少年、謎めいた中性的キャラクターから、理知的な青年、陰のある大人の男までオールラウンドにこなすが、個性の強い役柄を演じることが比較的多いようである。 女の子役ができる数少ない男性声優でもある。 代表作は『新世紀エヴァンゲリオン』(渚カヲル役)、『幻想魔伝最遊記』(猪八戒役)、『機動戦士ガンダムSEED』(アスラン・ザラ役)他多数。基本的には美形キャラを演じる事が多いが、ごくまれに『みどりのマキバオー』の若ぞうや『げんしけん』の朽木のような個性のある(はっきり言ってブサイクな)ギャグキャラを演じる事もある。

この記事のトラックバックURL

http://umiiro.blog7.fc2.com/tb.php/173-53ac4737

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。