スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞-HiME#26

maitomikotoH170406.gif

 舞-HiMEの最終回をリアルタイムで見ました。
最後、HiME星と黒曜の君は復活したHiMEたち、HiME戦隊によってあっけなくやられてしまいます。
ラスボス的存在なのにもうちょっと粘れよ。とか思いましたが、ちょっと考えてみればわかることでした。
HiMEたちにとってチャイルドとは大切な人への想いが具体化したもの。
それは黒曜の君が以前話していますし、デュランがなつきの想いによって出てこなかったり、巨大化したりしたことから見て取れます。
つまり、HiME星と黒曜の君は全てのHiMEたちの大切な人への強い想いの前にもろくも崩れ去った…ということで、いいんですかね。
 いろいろ残る疑問も多々あるけれど、最終回楽しませていただきました。
炎凪くんの「あのコたちやっちゃったよ…。こうならないように段度ってきたのに~!!」が最高ですね。
あ~、炎凪くんもおもしろいキャラだったなあ。

 さて、私が感じたこの作品のテーマは「大切なモノって何?本当の好きって何なの…?」です。
なんて、見てたらわかることか。
舞ちゃんも言ってたしね。
でも、生きていく上で大切ですよね、こういうことを考えることって。
誰もがいずれは疑問に思い、考えることです。
「萌えアニメ」なんてうたっていたけど、筋の通った重要なテーマを持ったおもしろい作品だと思いました。
2クールだったけど1年間見たような(本当にそう)、そんな、毎回濃い内容でした。

 最終的に舞ちゃんが選んだのは命…?それとも…?

この記事のトラックバックURL

http://umiiro.blog7.fc2.com/tb.php/18-d72c0f59

舞-HiME
舞-HiME幼い頃に両親を亡くした舞衣と弟の巧海が転入先の風華学園で体験する波乱万丈な学園生活の日々を綴る。舞-HiME 玖我なつき 完成品フィギュア グッドスマイルカンパニー版(予約)価格 3,800円 (税込) 特価 3,034円 (税込)舞-HiME 1/7 鴇羽舞衣 未塗装

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。