スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種デスキャラ語りその3 キラ・ヤマト

 そういえば、しばらく書いてなかった!
ので、頑張って今年中に終わらせられるように、1日1人を目標に書いていこうと思います。(無理?)




 ということで、(どういうこと?)キラ・ヤマトです。
私はSEEDをちゃんと見ていなかったので、キラは泣き虫らしいということを聞いて、「ふーん、いつ泣いてくれるのかなあ。」ということをいつも思ってTV放送を見ていました。(おい)
結果、泣いてくれなかったのでちょっと残念でした。
というか、泣くどころか表情の変化にも乏しく、見ていてあまりおもしろいキャラではなかった、というのが正直な感想です。
普通にしているとつまらない、どちらかと言えばMSに乗っているときのほうが私は好きでした。

 そんな種デスにおけるキラ・ヤマトをひと言で言うとしたら「神」でいいんじゃないのかなあ、いろんなところで言われておりましたが。
なんだか、表情の変化が乏しいのが仏様みたいでしたよね!(皮肉)
いえ、彼をMSに乗せたら、誰もかないませんから。
でも逆に強すぎるのがつまらないというのも、少しはあるかなと思います。(お話として。)
だから、34話でキラが倒されてしまったのは面白かったです。
自分的には種デスのクライマックスはそこだと思うんです。
なんというか、今作の主人公が前作の主人公を倒したのは、なんか吹っ切れた感があってよかったんですよ。

 最後に一つ思うことは、彼は最終話で「未来がほしい」と言っておきながら、彼自身は将来何をしたいとかどう生きたいとかいうことを提示していないということです。
というか、そういう気がほとんど感じられないんです。
前作と今作の間の2年間、隠居してましたし。
もし、彼がこれからあとも孤児たちと静かな生活をしたいと思っているのなら、私はそれも彼の未来なんだろうと思います。
議長が提示する「自分の適性に合った生き方をする」デスティニープランに反する彼の意見は、「自分には合っていないかもしれないけれど、誰の役にも立たないかもしれないけれど、でも自分が選ぶということに未来を見出す生き方をする」ということなのだと思いますが、そこで自分は隠居しますっていうのなら、ネタとしては最高。(えっ)
もしそうならバカにされたと思いますよ。
いえいえ、それが可能性の一つなのだと思います。

 キラって割と色黒?

kiraathrunH171030.gif
↑『かみちゅ!』ネタ。
『かみちゅ!』は面白いですよ。
なんせ、平成17年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門でTVシリーズで唯一の優秀賞ですから!

この記事のトラックバックURL

http://umiiro.blog7.fc2.com/tb.php/184-c963a9c5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。