スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種デスキャラ語りその4 カガリ・ユラ・アスハ

 毎日書くと決めたので今日も書きます。(涙)
あっ、そういえば、オフ用の年賀状の図案がほぼ決定しました。(遅いっ!)
が、頑張って元旦に届きますように…。


cagalliH171119.gif
 種デスにおけるカガリを一言で言うとしたら、「一生懸命頑張ってるけどいつも空周りしちゃう、学級委員みたいな生徒会長」。
なんと言いますか、立場的には生徒会長くらい偉いのに、生徒と接していないと気が済まなくて、学級委員くらい生徒に近いところまで前に出てきちゃう、みたいなそんな感じだと思います。
だから、MSで発進するんですね。
誰もそこは望んでいない、彼女にはやるべき役割とその場所があることを周りはみんなわかっています。
と、序盤はそんな感じだったのですが、最終回に近づくにつれて彼女はその役割を理解していきます。
お父様の大切な大切なアカツキを、不可能を可能にする男にあっさり譲っちゃう!
AAから身を引いてオーブに残った彼女は一歩階段を上ったような感じで、序盤とはまるで違っていました。
種デスの物語のなかで一番成長したのは彼女なのではないのでしょうか。

 余談ですが、私はカガリとシンの組み合わせが好きでした。
カップリングとか(言葉としては間違っていないと思うのですが、)そういう意味でなくて、ただ単に組み合わせとして好きだったんです。
なんていうか、「オーブが、オーブが」って意味合いとしては違うけれど、オーブに強い想いを抱いているのがとても似ていると思うんです。
あと、一生懸命なところも。
真っ直ぐ前を見ているところも。
だから、私はもう一度、二人が話してくれたらなあ、と望んでいます。
話し合いにはなりえないだろうけれど。

 でも、一番悔やまれるのはカガリが最終回に全くと言っていいほど登場しなかったことですね。
そりゃないよ!

この記事のトラックバックURL

http://umiiro.blog7.fc2.com/tb.php/185-79abb071

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。