スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュ #11

 名前を呼ばれることほど喜ばしいことはない。
そんな回でした。
 まず、ユーフェミアの場合。
スザクに「ユフィ」と聞こえないように呼ばれたことで、あれだけ拒んでいた特派の出撃を許可します。
名前を呼ぶというのはものすごい威力です。
 次に、C.C.の場合。
名前を呼ばれたことで、今まで一度も見せなかった笑顔を見せます。
(直前にC.C.は自分の記憶が無いというつらさで涙をこぼしているのですが。)
おそらくというか確実に名前は「マリアンヌ」ですね。
C.C.がうわ言でうっかり本名を知ってしまった後のルルーシュが肩をがっくり落としたあたりからしても。
C.C.の正体はやはりルルーシュの母親の何かなのでしょう。
それが生まれ変わりなのか魂なのかいったいなんなのかはわかりませんが。

 今週は特に絵がよかったです。
原画さんの数が半端無かったですね。
作監も千羽由利子さんと中田栄治さんでしたし。
戦闘シーンとか特に、シュルシュルシュルシュルって動くんですよ。
ローラーだから素早さっていうのがよく伝わります。
キャラもナイトメアの動きに則してぐるんぐるんアングル変わるし。
何回も見るとその素晴らしさが身にしみます。

 ロイドさんとセシルさんのやりとりが今回はいつも以上に楽しかったです。
いつもよりセシルさんがロイドさんに勝ってましたし。
ロイドさんが、バリスで障害を撃破するスザクを見て「相変わらず無茶するなあ」って言ったときにロイドさんの頬にばんそうこうが張ってありました。
スザクの出撃前にスザクに「その優しさがいつか君を殺すよ」って言ったときにセシルさんに胸倉を思いっきりつかまれた後、さらに何かあったのだろうなあ。
今回ので特派の親子3人がさらに好きになりました。

 スザクが見たショックイメージとルルーシュがC.C.を通して見たショックイメージに対する感想はちょっと難しいのであまりはっきりとは書けませんが、少しだけ。
 スザクの「俺はああするしかなかったんだ」とは?
父親や親族を裏切って名誉ブリタニア人になったことだけではなさそうです。
 ルルーシュとスザクはC.C.を介すことによってお互いのイメージが一部つながってしまいます。
イメージの中でお互いを見てしまうのですが、それによってルルーシュはランスロットに乗っているのがスザクであるということ、スザクはゼロがルルーシュであることを知ることができる可能性もあります。
しかし、お互いは以前から深い親交があり、記憶の中にも存在するので、それをイメージの中の人物としてのみ捕らえた可能性もあります。
なので、ルルーシュはランスロットに乗っているのがスザクであるということ、スザクはゼロがルルーシュであることを感づいた可能性はかなり低いかと思われるのですがどうでしょう。
ルルーシュのイメージには「枢木神社」というのも出てきたので、スザクをイメージの中の人物として捕らえたかもしれません。

 暴走したスザク(ランスロット)の攻撃でリアルに岩石が体中にぶつかってしまうC.C.。
あのリアルさにちょっと感動しました。
普通アニメだとリアルに当たってくれませんから。
 その後ゼロとC.C.は洞窟へ。
えっと、ルルーシュが今回さらに変態になりました。
こやつ、傷の手当てをするという名目でC.C.をすっぽんぽんにしました。
一応自分のマントかけてやっているのですが、確実に脱がせましたね。
そしておそらく、C.C.の左胸の傷跡も見たことでしょう。
そして「マリアンヌ」という名前。
「保護者」。
弱音を吐くC.C.。
ルルーシュの一回しか言わない「ありがとう」。
・・・二人ともツンデレ・・・?(ごめんなさいごめんなさいごめんなさい)
個人的にこの夫婦大好きです。

 今週のオレンジさん「オレンジじゃないんですぅ・・・ゼロォぉ!」
頑張れオレンジさん!!
成田の研究室は移動です。

 次回はサクヤが出る模様。
次回は年明けです。

この記事のトラックバックURL

http://umiiro.blog7.fc2.com/tb.php/336-eaee35c4

コードギアス反逆のルルーシュ STAGE11「ナリタ攻防戦」
コードギアス反逆のルルーシュの第11話を見ました。STAGE11 ナリタ攻防戦『日本解放戦線、エリア11における最大の武装勢力を潰すため、コーネリア総督はナリタ連山に包囲作戦を展開した。圧倒的な制圧力を誇るブリタニア軍に体制が決したかと思われたその時、黒の騎士団...
コードギアス 反逆のルルーシュ 第11話
?第11話「ナリタ 攻防戦」イレギュラー満タンでヨロシク!「教えて差し上げましょうか?(ニッコリ♪」ハイ!私頭悪いので、ぜひ身体で教えてください!いや~、今回の迫力は凄かったですね!黒の騎士団はとうとうコーネリアを孤立させ、捕縛できる!・・・一
コードギアス 反逆のルルーシュ #11 「ナリタ攻防戦」
 展開の速さ、お話の密度の濃さ、燃えと萌えの引き出しの多さに加えて今回は、また作画が非常に良くなっていました。 この品質ならば、細かい部分に突っ込みを入れるのは野暮というものでしょう。 良作です。 なお、だんだんアバンタイトルのネタバレ度が上がっ....
コードギアス #11「ナリタ攻防戦」
見せ場盛りだくさんですよ!!ランスロットvs紅蓮弐式の戦いは、動く動く!!回る回る!!激しい攻防戦っ!!素晴らしいの一言に尽きます。まさしく燃え☆さすがメインアニメーターの作画の回というだけのことはありま
「コードギアス」~『ナリタ 攻防戦』
ナリタ連山崩落に乗じコーネリア隊を分断した黒の騎士団!解放戦線の藤堂隊もブリタニア軍を挟撃!ついにコーネリアを包囲、投降を命じるゼロ。だが命を賭け紅蓮弐式と戦うコーネリア!討死にを覚悟した瞬間、ランスロットが猛襲!戦況一転、黒の騎士団、ブリタニア軍、解放戦線
(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ 第11話 「ナリタ攻防戦」
コードギアス 反逆のルルーシュ 1ナリタ連山の戦い!ゼロの策略により、孤立してしまったコーネリア部隊。その時、コーネリアの前に現われたのは日本解放戦線の藤堂でした。さらなる敵の出現に浮き足立つ部隊。しかし、コーネリアはこの状況を逆手にとり、ある行動に出る...
-
管理人の承認後に表示されます

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。