スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュ #15

 ルルーシュの私服はいつも同じ服なのに、C.C.は最近は外に出るときは新しいものを買ってもらってるようですね。
なんだか、ルルーシュがなけなしの小遣いから自分の服我慢してC.C.のピザ代とか服代とか出してるのか・・・と考えるとルルーシュさんが不憫でなりません。
服は通販で買ってそうな気がします。
来週の予告で映っていたC.C.の変装服も。
黒の騎士団の予算からちょこっといただいても悪くないと思いますよ。

 ナナリー「まぁ、お兄様にそこまで言わせるなんて、どんな方でしょう。シュナイゼル兄様以来じゃないですか?」
普通に兄妹の間で皇族の話題って出るんですね。
先週のナナリーのユーフェミア様に会いたい発言もあってタブーなのかと思っていました。
ということは先週のはやっぱり、異母姉妹なのに会えないからこそ会いたい発言として捕らえていいですか。
皇族の話題が出るなら、クロヴィス殿下が殺されたときにもう少しナナリーの反応が欲しかったです。
お墓参りに行きたいとか思ってるんじゃないのでしょうか。
 身長2mシュナイゼル殿下の登場そろそろですかね。
公式サイトによると声は井上倫宏さんのようです。
年齢差は少なくとも10歳以上かな。(コーネリアとの年齢差が10歳なので。)
 あと、咲世子さんは最近出てきてないので休みいらないです。もっと出して欲しいです。

 ルルーシュ「お前は卑劣だ!捨てるときに何故始末しなかった?力を奪うなり命を奪うなり…その中途半端なせいでシャーリーはっ!」 
「中途半端」というのはルルーシュもシャーリーのことを殺せなかったのだからお互い様だと思います。
マオのことに関しては別行動をとると言って隣りの棟に行くC.C.。
それはつまり、ルルーシュさんが久しぶりにベッドを独占できるということか?

 ルルーシュがミレイ様に頼んでクラブハウスを数日立ち入り禁止にしてもらうのは、マオからナナリーを守るためもあるけど誰かにC.C.を見られないようにするためです。
皇子であることがバレそうなのかと問うミレイ様に皇子であることを知っているのはアッシュフォード家だけだと答えるルルーシュ。
C.C.はともかくスザクは?
スザクも知っていることはアッシュフォード家が知らないはずはないと思うのですが。
だって知らなかったとしたら、それはルルーシュが日本に来たときにどこにいたのか知らなかった、ということになってしまいますから。
 このとき記憶を失ったシャーリーがやってきます。
あああ!なんて・・・ああ・・・。
そうか、「他人ごっこ」ときましたか。
ミレイ様は大人だから詳しいことは聞かずに合わせてくれるだろうけど、他の者はどうだろう。特にスザクとか?

 別行動をとるC.C.は一人で租界でマオを探します。
このとき誰に聞いても返ってくる答えは「黒の騎士団に聞け。」。
黒の騎士団ってそんなに裏社会で大きくなってたんですね。
そしてルルーシュはその裏組織のボスということですか。
この物語はそんな裏組織のボスの裏の顔の物語。

 別行動をしていても最後には考えることは同じだったルルーシュとC.C.。(仲が良いねえ。)
このときマオから電話がかかってきます。
マオ「僕だよ。ルル♪」
この「ルル」というのが、もうシャーリーからは呼んでもらえない彼の愛称だったりするので歯痒いです。
 マオとやり直すと言ってルルーシュに別れを告げるC.C.
C.C.の「私はお前と仲間だったつもりはない。ただの共犯者だ。」を聞いてなんだかルパン3世と峰不二子みたいな関係を思い出したんだけど、なんでかな。
ルルーシュも自分のことを知った者が外に出るのがまずいのなら、殺すか忘れさせるかすればいいのに「行くな。俺のところにいろ、C.C.。」だから笑えます。
それって先週の「なくしてから初めてわかることってあるんですね。」を踏まえてってこと?
なくすのが嫌だから俺のところにいろ?
やっぱりC.C.のマオに対する態度が卑劣だなんて、君が言えた義理じゃないよ。
とりあえずは、C.C.はルルーシュにとって失いたくない存在になっていることは確かなようです。
 C.C.の「ありがとう、さようなら」の言い方が絶妙で好きです。

 ルルーシュ「勝手に戻って来たり出て行ったり、一方的な女は理解しづらいな。・・・バカがっ!」
とか言いつつC.C.を取り戻しに行くルルーシュ。
C.C.も素直にルルーシュに行き先を伝えないし。
これだからツンデレ夫婦は。(笑)
 「一方的な女は理解しづらい」を聞いて以前のスザクの「片思いばっかりなんです。」とか「一方通行の自己満足だよ。」を思い出しました。
状況が違うので言葉の意味合いは違いますが、言葉そのものが似たような言葉を使っているので。
ちょっと場面が飛びますが今回の最後のシーンでルルーシュとC.C.は契約をします。
今までは二人の間にはC.C.が持ちかけたギアスの契約しかありませんでした。
それはある意味で一方方向からの契約です。
しかし、今回ルルーシュが持ちかけた契約をC.C.が結んだことで、双方、契約を結んだことになります。
つまり、二人の関係は双方が一方的な関係ではなくなりました。
今までは両者がそれぞれ手を伸ばした先には相手の手はなかったけれど、今度は握手ができるようになったのです。
これが今回一番大きな部分だったかなと。

 クロヴィスランドで会ったC.C.とマオ。
C.C.はマオを撃とうとするわけだけど、それはギアスの力と取り上げることはC.C.には出来ないということですか?
マオぉ!「コンパクトにしてあげる」って、怖!!
やべぇ!コンパクトにされたらさすがにC.C.でも再生できないのでは?とはらはらしてしまいました。
 そのときモニターにルルーシュが現れてマオはルルーシュとおしゃべりするのに気をとられます。
ルルーシュのC.C.は俺のもの発言はマオの気をモニターに集中させるためなのですが、本当のところ、本当にそう思ってるんじゃないの?と聞きたくなります。
だってC.C.の私物はあの拘束服意外全部ルルーシュさんのポケットマネーで買ったものなのですから!
だから、C.C.のものは俺のもの、俺のものは俺のもの、だからC.C.も俺のもの。
・・・いや、そういう意味でもなく、本当の意味で俺のものにしたいのでは?とか思ってしまいますよ。
先程の俺のところにいろ発言といい。
 ルルーシュ「俺はC.C.の全てを手に入れた。お前が見たこともない部分も含めて・・・全て」
これはね、まあ・・・ね、洞窟でC.C.の服全部脱がせたしね。すっぽんぽんにしたしね。

 そのあと警察がやってきてマオを誘拐犯として取り囲みます。
全てルルーシュのギアスによる策略でした。
ルルーシュさんって自分の作戦が成功すると悪い顔で笑うからこの人はワルなんだよ。
そこが好きなところでもありますが。
 マオがルルーシュがゼロであるということをばらそうとすると、それを合図にして警官がマオに向かって発砲します。
久しぶりにルルーシュさんのギアスの威力を見ました。
さりげなくC.C.をお姫様抱っこしているルルーシュが、マオが撃たれるところをC.C.に見えないようにしたのが、せめてもの優しさか。

 ヘリから降りたらもう立てるというC.C.の素晴らしい再生能力。
C.C.「慰めか?哀れみか?・・・それとも執着か?」
ルルーシュ「契約だ。今度は俺からお前への」
この二人のセリフが、前回の
ルルーシュ「・・・それは、経験か?」
C.C.「いや、生き方だ。」
の対比のようで好きです。

 他キャラ

・ユーフェミア皇女殿下に会うにはどうしたらよいかセシルさんに問うスザク。
同時にロイドさんが伯爵だということが発覚。
ロイドさんの「いや~お恥ずかしいっ!」が割と素直なコメントだなあと思いました。
ちなみにこの作品における貴族階級は上から、大公爵、公爵、侯爵、辺境伯、伯爵、子爵、男爵、騎士、武勲候。
位が下がる前のジェレミアはたしか辺境伯だったと思います。

・扇さんに助けられたヴィレッタは記憶をなくしていました。
ルルーシュは以前にヴィレッタにギアスをかけたことがあるので、これは単なる記憶喪失と見ておきます。
もしかしたら誰かがヴィレッタの記憶を消した、ということも否めないですが。
扇さんはたしかにいい人だけど、女をすっぱだかにする輩が必ずしもいい人だとは限らない・・・と思います。

この記事のトラックバックURL

http://umiiro.blog7.fc2.com/tb.php/345-38d0ab0f

コードギアス 反逆のルルーシュ #15 「喝采のマオ」
 この世界には善意から生まれる悪意がある。 悪意から生まれる善意がある。 ルルーシュが起こした行動は、果たしてどのように受け止められるべきものなのか。 裁きは世界の必然なのか。 ギアス。 この人ならざる力を使う者は否応なく心に孤独を作り出....
コードギアス 反逆のルルーシュ stage15 『喝采 の マオ』
(C.C.の)喝采(だけが頼り)のマオ
コードギアス 反逆のルルーシュ stage15『喝采 の マオ』
この世界には善意から生まれる悪意がある悪意から生まれる善意があるルルーシュが起こした行動は果たしてどのように受け止められるべきものなのか?裁きは世界の必然なのか?ギアス、この人ならざる力を使う者は否応な
怨敵無残(コードギアス第15話)
わ~はっはっはァ!ざまーぁみろー!!と、どこぞのマスターアジア風に、ご近所への迷惑も顧みずに歓喜の叫びを上げつつ、件のシーンを何度も再生して恨みを晴らした私は、どんだけ性根が腐っているんでしょうな。
(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話 「喝采のマオ」
コードギアス 反逆のルルーシュ 2危険なマオの能力。頭で戦うルルーシュにとって、彼の持つギアス能力は脅威だった。そして、マオはC.C.を奪うために動き出す。果たしてルルーシュは・・・。
コードギアス 反逆のルルーシュ15話
マオとの勝負、第2ラウンドの15話。今回はルルーシュの勝利でした。・ルルーシュ今回は非常に輝いてました。うおっまぶしっ!ビデオでマオに精神攻撃とは思わなんだ。そして今回は久々に(ギアス使用とはいえ)寄せ集
唐象注 「コードギアス 反逆のルルーシュ」-隠を占い、学び手時に武を習う-第15講
第15話「喝采のマオ」 ふと思ったんだが、ブリタニア帝国若本現皇帝が98代という。では一体、何百年続いているのだ、この帝
コードギアス
コードギアス『コードギアス 反逆のルルーシュ』(コードギアス はんぎゃくのルルーシュ、英訳:''CODE GEASS Lelouch of the Rebellion'')はサンライズ (アニメ制作会社)|サンライズ製作のロボットアニメである。2006年10月より日本で毎日放送|MBS・東

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。