スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭教師ヒットマンREBORN!#20~26

 今日は朝からアニリボを観てました。
とりあえず、霧の人を観たいと思って、他のところはすっ飛ばして、黒曜編だけ観ました。
いいんです、自分の中でリボーンの漫画は8巻からなので。(おい)
以下ちょっと辛口かもしれない感想。

 やっぱり、アニメのほうが、脚本が直されていて、話の流れがしっかりしていて良いですね。
いらないシーンや、不適切なシーン(放送時間帯が朝のため)が削られていたのも、良かったですし。
ただ、25話の脚本は矛盾点が少しあったりして微妙でした。
でも、あれは、漫画の方からして無理のある設定だと思っていたので、仕方ないのかもしれません。
設定はいいのかもしれませんが、説明の仕方が下手というか。

 コンテもアニメの方が好きですね。
カット数が漫画と全然違う!!
もちろんそこがアニメの大きな魅力のひとつなのですが。
カメラの角度も漫画より断然良いですし。
戦闘シーンは、特に、漫画版を全体的に直してあってよかったです。

 アニメって違いますね!

 作画の乱れはちらほらありましたが、そこまで悪くなかったと思います。
作画が乱れているシーンは、もう、笑えてしかたないです。
作画の乱れがギャグのひとつに見えてきます!(すいません・・・。)

 骸さんが雲雀さんに見せた幻覚の桜のエフェクトが好きです。
あと、骸さんの目の数字が変わるときの変わり方も好きです。

 それから、骸さんが憑依弾を自らに撃つときの銃が、漫画よりはるかにグレードアップしていて、洒落た形のものになっていたのが嬉しかったです!
漫画は読んでいて、形は拳銃としては普通なのですが、どうにも水鉄砲に見えてしかたなかったので。

 「千種」、「柿ピー」のイントネーションが思っていたのと違いました。

 骸さんに憑依された状態の獄寺くんと千種の声が普通に骸さんに聞こえてきました。色っぽい!
骸さんは、なんなんだろう、しゃべり方だけなのかな。
あと、骸さんが雲雀さんや綱吉によって、殴られ吹っ飛ばされるシーンは見ていてすごく楽しいです!
ルルーシュのときも思ったのですが、勝利を確信している人が負けていくのは見ていて楽しいです。

 骸さんはやればできる子なのに、バカ正直にペラペラと自分の手の内をしゃべってしまうのがいけないのだと思います。
六道がうんぬんってそれは敵に教えてあげなくてもいいですよ。
何なの、そのくらい敵に教えたところで勝てますってことなんですか?
ルルーシュの場合はしゃべりませんよ!教えたように見せかけて大体嘘だもの。
一番いらないセリフは「飛ばされた先を見るがいい!!」だと思います。
本当、いらない。
何教えてるの骸さん。
あなたが教えてあげなくても、リボーンが綱吉に教えてあげたと思います。
結局人間道を使ったところで小言ツナのほうが優勢で、もうちょっと、頑張ってくださいよ。
そりゃあ、一回は綱吉の後ろ捕ってますけど、綱吉のほうが、2回も骸さんの後ろ捕ってますからね!
正直、オーラがうんぬんっていうのも、話の次元が違いすぎてついていけないです。

 あれ?後半、骸さんに対する愚痴みたいな感想になってしまいましたが、骸さんもっと頑張って!ってことですので。
たぶん、この漫画に骸さんがいなかったら、REBORN!の漫画を買うはずがなかったと思います。
それくらい好きです。
そういえば、今日漫画の16巻の発売日ですね。
明日くらいに買いに行きたいです。

この記事のトラックバックURL

http://umiiro.blog7.fc2.com/tb.php/415-3eceb0c6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。