スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんりこ

 熊木杏里さん「私は私をあとにして」レビュー!
友人さん、遅くなってすみません。

1.新しい私になって
 ぽろっと口ずさんだら好きになった合図だと思っています。
というわけで、ラジオで流れるのを聞いていたら口ずさむようになっていた曲です。
CDを聞くまで、「ほんじつ私はふられました」の部分を「某日私は生まれました」だと思っていました。(間違って口ずさんでいたのかよ。)

2.春の風
 バッテリーの主題歌って、ええ?本当に?と思っていたら映画のCMで熊木さんの歌流れてるわ・・・。
でも、「新しい私になって」のほうが好きだと思っていました。

3.七月の友だち
 「おろしたての友だち」という言い回しに思わず耳を傾ける。
歌詞が好きです。

4.最後の羅針盤
 曲全体としては、アルバムの中で一番好きな曲です。
「私の視線はナイフのようにただ一点につきささる」
最後に信じられるのは自分だけっていうのには共感します。

5.君まではあともう少し
 ほほえましい歌だ。

6.幽霊船に乗って
 幽霊船が出てくるのに全然怖くないのは、熊木さんの歌だからか。

7.月の傷
「答えに悩む宿題をぼくはいつのまにさずかったのだろう」が好き。
人付き合いって難しい。

8.0号
 この歌は、眠くなる・・・。

9.一等星
 「0」の次に「1」を持ってくる曲順に、ほほうと思います。
このアルバムは自分のなかのもう一人のじぶんを見ている曲が多いですね。

10.朝日の誓い
 これも何かのCMで聞いたことあります。
この歌も好きな方。

11.水に恋をする
 このアルバムは「ぼく」が多いなあ、と思ったけどそうでもないや。
「帰り道がなくなってもただいまって言えばそこがぼくの居場所になる」が好き。

ボーナストラック ひみつ
 今ユニクロのCMでかかってる曲ですね。
熊木さんのメロディは歌詞の細かい文節ごとに休憩入る曲が多い気がします。
この曲はちょっと恥ずかしい歌詞だと思います。
メロディは好き。

この記事のトラックバックURL

http://umiiro.blog7.fc2.com/tb.php/495-7b968c93

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。