スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY#37

 迷わないから強いシンが、今週ちょっと迷いました。
私としては、ここで迷ってくれなかったらどうしようという感じなのですが。
迷ってくれてよかったです。
迷っていたシンが迷う心を押し殺して戦う覚悟をするシーンが好きですね。
いっしょに見ていた弟が「勝て!アスラン!レイをやっつけろ!」と言っていました。
(事前に「アスランのグフは爆散するよ」と教えておいたのにアスランの応援してる弟が見ていておもしろかったです。ラジ種の次回予告はネタバレに近いです。)
シンがアスランの乗るグフを落としたときにレイが「よくやった」と言ったタイミングが、ファフナーの総士と酷似しているように感じました。
というか、次にそのセリフ来るなと予想できました。

 結局シンが乗るデスティニーにやられてしまうグフですが、なんとかアスランとメイリンは助かったようでよかったです。
逆に言うと、ちゃんと殺せないシンの実力に疑問を抱きます。
キラの時といい。
(アスランとメイリンの運がよかったとも言えますが。)
アスランよりも、シートベルトをしていなかったメイリンのほうが心配です。
そういえば、新型機のシートベルトはピンク色なんですね。
なんだかそこに目が行ってしまって。(おい;)
 アスランたちを乗せた一行はラクスのもとへ向かうのでしょうか。
そうであって欲しいと細々と願っています。
そして、メイリンのいなくなったミネルバで「○○○、どうぞ!」って言うのは誰になるのでしょうか。
(↑オペレーターさんって言うの??)

 シン(16)の胸で泣くルナマリア(17)。
あんまり予想していなかったのですが、やはり肉親がいなくなるのは悲しいことですね。
というのは、妹を戦争で失ったシンが身にしみてわかっていることで。
このシーンの二人の感情ってなんて複雑なんだ、と思いました。
なんせ、加害者と被害者ですから。
3クール目のOPでシンとルナマリアがいっしょにいるシーンが多いなあと思っていましたが、ようやくそこらへんのドラマが展開してきたようですね。

 来週はロゴスに対してザフトがピンチなの?

(追記)
っていうか、よく考えたらアスランを乗せた一行は普通にアークエンジェルに向かうんじゃないか。
船が飛んでたから宇宙にいくのかと勘違いしました。
だいたいまず、ラクスがどこにいるか知らないわけだし。

この記事のトラックバックURL

http://umiiro.blog7.fc2.com/tb.php/88-1cb565d6

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」 第37話 『雷鳴の闇』
議長は、ロゴスを倒し、そしてオーブをも破滅へと導き、世界を自分の自由になるように考えているようだ。 その野望に邪魔者はいらないのだ。 議長の目指す“平和”は、どうやら言葉だけのもので、その野望は深くそして醜い。 アスランは、それに気がつき、誰が的なのかがはっ
ガンダムSEED DESTINY PHASE-37『雷鳴の闇』
グフ相手に、デスティニーとレジェンドの2機で追いますか?いくらアスランと言えど、この2機相手ではキツイのでは?(滝汗)議長、いとも簡単に撃墜許可を出しました。自分にとって、邪魔になる存在は、誰であろうとも消す、と言うのですね、この人は(恐)シンは苦渋の選

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。